読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て世代の秘密基地「勝川STAND」

未来はこども達のためにある。であるならば、僕たち子育て世代がポジティブに生きる必要がある。

「LIFE SHIFT ライフシフト」100年時代の人生戦略をまじめに考えないと結構ヤバいことを今さら気づく

まー、当たり前と言えば、当たり前なんですが、僕らの世代は100歳生きて当たり前という時代に入っているわけです。僕は今年37歳です。所謂、松坂世代です。それはなんとなく、感じますよね、日常生活においても。これだけ世間が超高齢化社会がすぐそこに!と言っているわけですから。

 

平均寿命が伸び続けている理由は、子供の死亡率が下がっていることが一番大きな要因だったりしますが、これも日常的に感じるところではありますが、医療が革新的に日々発達している。すると、寿命が延びて、今37歳の僕らの世代は100歳生きるのが普通で、僕らの子供たちの世代は107歳も生きていくことになると言われている。

 

ゆっくり世界が動いているので、日常で感じるような感じないような日々が流れますが、確実にその流れは早まって、着々と行政も準備が進んでいる。年金は少し違うと思いますが。

 

長く生きれるようになるということは、何が一番大きく変わるかというと、働く期間(年数)が長くなるということ。そうなるから、夜中まで仕事するんじゃなくて、心身ともに健康でいられるぐらいの時間内で仕事ができるように国が動いている。それにより、収入が減る人もいる。それは副業でカバーできるように整備が始まっている。能力によって、更に収入格差が広がることになる。

 

いまは60歳とかで定年退職となり、大企業や手厚い会社で、その人のスキルに希少性があれば、再雇用というかたちで、それでも65歳とかで引退というのが一般的だと思う。

 

でも、僕らの時代は違うんです。

 

70歳ぐらいまでは普通に働く社会がやってくるんですよ。経営者じゃなくても、僕のような普通の会社員でも。

 

というのを約400ページぐらいをかけて、丁寧に、時には何度も同じ言葉で説明をしてくれているのがこちらの本です。 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 

そんなに働かなきゃならんのか、、と思うのか、そう思わないのか。

 

最近はちょっと前からポッドキャストを凄い聞くようになって、初めは高城未来ラジオを聞いて、7回分しかリリースされていなかったんで、すぐに全て聴いてしまって、そのあとはコレにハマりました。

Dream HEART

Dream HEART

 

ビジネスマンや学者やアスリートなど、世界で活躍するひとたちの、成功談が聞けます。これを休みなく、気になるひとの話を聞くと、めちゃめちゃポジティブになることができます。ほとんどの方が言われるのです、みなさん特別な人間ではなく、大小関係なく夢、というかビジョンを持って、それに向かって突き進んでいる。やる前から諦めないし、自分にはできないとかそういうネガティブな思考はないし、失敗を数多くしてきた。生存バイアスではあると思いますが、自分で自分の可能性を否定するのはやめたようがいいなって気持ちが高まってきました。

 

という背景もあって、さっきの70歳まで働くということに対しても、ポジティブにとらえました。そんなに働く必要があるなら、このままじゃあかんなと。これ読んだからでもないですが、会社でプレゼンスを高めるためには、アドラー的には良くないかもですが、他人にない付加価値をつけていく必要がある。

 

もう、今の社長や役員などなどのオッさんが生きてきた時代、高度成長でイケイケドンドンで、がんばればそれが報酬となって返ってくるなんてのはもうなくて、昔のロールモデルなんて使いもんにならない。親の世代とは違う選択をしていかなければならない。未来はこれまでの過去の延長線上にないから。

 

マイホームだって持たないほうがいいかもしれない。それは必ず足かせになる。時代の先を行っているひとたちはホテル住まいが多いですよね。どこでも仕事ができるからって。いま普通の僕たちは、どこでも仕事ができる時代が来てるとか言われても、そんなの無理って思いますよね。でも、スマホがこれだけ普及して、それが今度はウェアラブルが普通になってきたぐらいの時代には、自分も家で仕事してるのかもって思ったり。

 

作者の言葉すごく印象深い言葉がこちらです。

 

消費としてのレクリエーションから、投資としてのリ・クリエーション 

  

みんなそれぞれ自分が選んだライフスタイルがあるかと思います。それに伴い、余暇時間は変わってくるけど、仕事、育児、家事などやるべきことをやって残った時間をレクリエーションに使ってばっかじゃなくて、70歳、80歳になっても働けるだけのスキルを磨き、新たな自分を創るために投資しろよってこと。これも特に今だからっていうわけでもなく、別に働ける期間が長くなったからってわけでもない気がするけど。

 

やっぱり生きるうえで、金銭的なことという意味ではなく、仕事は大事だと痛感することがサラリーマン人生まだ14年ほどである。

 

仕事でハッピーなことがあれば、家帰ってもハッピーで、逆なら逆だし。でも、そこでハッピーと感じる時っては、報酬ではないことが多い。自分がやってきたことが社会的に認められたり、自分が企画したことをプレゼンして同意が得られたり、やっとのことで新規取引にこぎつくことができたり、そういうことでハッピーを感じる。

 

存在意義ってやつですかね。組織は属人化しないようにするけど、自分がいなくても回る体制ってあんま好きにはなれません。自分から別の担当に変われば、売上が下がって欲しいとさえ思います。小さい人間です。

 

長い人生を貫く柱になるのは、やっぱり仕事。

 

これから仕事は私生活ともっとブレンドされていくと言われてました。

 

よく最近人間の敵なんじゃないかと言われるAI。これによって、いろんな職種はなくなるだろうと言われている。これは悲観する話ではなく、歓迎するべき話。人間がやりたがらない仕事をAIがやってくれると思ったらいい。人間はもっと本能のままに自分のやりたいことをやればいい。AIのおかげ様々な仕事が、もっと効率化されてくる。すると、これまで週休2日と言われてのが、週休3日とか、定時という考えかたとかもなくなってくるかもしれない。ランサーズやクラウドスクエアみたいな技術の切り売りみたいなことをうまく使って企業は機能していくかもしれない。誰もが同じスケジュールで長時間働くのは産業革命の産物で、現代にはもう必要のないシステムなのかもしれない。

 

マイクロモーメントもうまく活用できるか否かが凄く重要だとも感じる。これまではただの待ち時間だったものが、スマホのおかげでヒマだと感じる時間は劇的に少なくなった。この時間に、SNSに夢中になるのか、オンラインゲームで遊ぶのか、どーでもいい芸能ニュースを見るのか、それぞれのライフスタイルで重要度は変わるけど、そこに心奪われると、格差社会の底辺に置いていかれることになる。


仕事をする時間が減れば、余暇が増える。これからは個人レベルで自己改善への投資活動に力を入れるレジャー産業が発展すると言ってました。具体的にどんなものなのかには触れられておりませんでしたが、こういうものとかですかね。

 

manabiz.jp

 

これからは手持ちのスキルに磨きをかけるだけでは生きてはいけない。ひとつのことに固執するのではなく、マルチステージで活躍するために、生涯にいくつかのキャリアを持つ。自分のアイデンティティを変えるための投資を意識的に行い、なにも考えずに、その組織の流れにそって、ただ定年まで退職金がもらえるまで働くのではなく、100年時代の人生戦略をまじめに考えていかないと、結構ヤバいなって感じさせれる本でした。

 

 

【Podcast】高城未来ラジオはめちゃめちゃおもしろい

instagramで相互フォローさせていただいている方から、こちらのポッドキャストの情報をいただきました。

 

高城未来ラジオ

高城未来ラジオ

  • 高城未来研究所
  • 個人ジャーナル
  • ¥0

 

情報をくれた方は 飲食店を経営されているようで、個人的に興味があって、よく有益な情報をいただいております。お互い立場は違えど、インスパイアされる人種は似通っており(勝手にそう解釈させていただいてます、、)、よく高城剛さんや、堀江貴文さんのお話が出てきます。こないだは小橋賢児さんも出てきました。ベンチマークする対象が似てます。

 

高城 

Takashiro.com

 

やっぱり世界を廻って活動されている方は、言葉の重みが全然違います。話を聞くことで、どれだけ実行に移せるか、非常に難しいお話が多いですが、こどもを育てる上で、今後の未来を語れる方のお話は頭に入れておく必要があると思ってます。

 

大学入学前までの学校教育では、国語や数学など、受験に向けての勉強が中心であり、人生においてどんな目標を持ったり、これからの世界がどうなっていくかの未来については、各々の生活次第。生かすも殺すも、親の接しかた次第。

 

自分自身、時代のせいなのか、父親から、人生論や未来の話など、ほとんどしてこなかった経緯があります。今の自分においては、幸せな生活を送ることができていて、親には感謝しかありませんが、自分の子供の世代においては、同じ育て方では、全く違う結果になると思います。

 

高度成長期に育てられた自分と、これから世界のなかで衰退していくかもしれない可能性が高く、これまで類を見ないほどの超高齢化社会の中で生きていく子供たち。

 

自分の価値観だけで育ててしまうのは非常に危険だと思う。

 

それ故、世界を知っているひとたちの話を自分の中にインプットすることは非常に大切なこと。

 

高城未来ラジオ

高城未来ラジオ

  • 高城未来研究所
  • 個人ジャーナル
  • ¥0

 

さっそくすぐに聞いてみて、すでに7回分がアップされてましたが、すべて聴きました。ゲストも様々で、かつ個性の強い方たちばかり。自分の生活では接することのない情報を得ることができます。めちゃめちゃおもしろいです。本当に無料でいいのかってぐらい。

 

これまでポッドキャストは使ったことありませんでしたが、高城未来ラジオを中心に、これからは積極的に活用して、未来に備えた人間力を少しでも高める努力をしていきたい。

 

こちらは以前読んだものの書評です。ご興味沸きましたら、ご一読を。

win-river-stand.hatenablog.com

 

 

ベーシックインカムは日本でも実現される日が来るのか

ベーシックインカムフィンランドで始まった。額としては決して大きなものではないが、小さいわけでもない。初めてその名を聞いて、調べてみたとき、なんでそんなもの必要なのか、全く意味が分からなかった。なぜ、収入の有無や大小に関わらず、国民全員一律の給付金を授けることで、社会が良くなるのか。

 

日本で言えば昨年秋頃から、世界でも一流の域に入る日本が誇る広告代理店の過労による問題があって、そういったところでもBIは有効だと言う。

 

なぜ?

 

日本人は勤勉で真面目という国民性がある。石の上にも三年という言葉があるように、何かに耐え忍ぶということに対して、世界でも類を見ないほど、それに対しての美学を尊重する傾向強い。それ故、ブラック企業などと言われる組織が生まれてしまうことにも繋がっている。

 

やめたきゃ、やめればいいのに。

 

やめられない理由は、何となくやめれないとか、やめたら周りの目が気になるとか、いろんなケースがあるかとは思うが、多くはそもそも他の会社でもやっていけるのだろうかという心配なんじゃないかと思う。

 

日本人は、挑戦をするということに対しても、二の足を踏むひとの割合が多いとも言われる。それもBIによって、改善されることが期待できる。BIがあって、これまでと同様の金額を得るためのベースがあれば、これまで安定や現状維持を求めてきた部分は軽減され、また、ストレスを金銭というインセンティブで解決する必要性も薄れることで、本当に自分が興味のあること、やりたいことに向けて、金銭という条件で仕事を選ぶ必要性がなくなるからだ。それが結果的にイノベーティブな人材を育てることにつながり、国力が増す。だから、国として取り組むべきだと主張されている。

 

挑戦できないことを、結婚したから、子供がいるからなど、自分以外の理由かのように言う人が多数いる。個人的にそういう人間は、その条件の有無に関係なく動くことができないと思う。自分以外の理由にすることによって、自分の中の幻である向上心を保護して生きていたんだろう。BIに関しても、同じようなケースが出てくる可能性は否定できないように個人的には感じる。

 

個人的に’働く’ということに対して、最近いろいろと思うところがある。

 

このところ、未来を占うようなニュースの多くはAIが中心で、現在ある多くの仕事が失われると言われている。それも、遠い話ではなく、10年ほどで。

 

ただ、これは昔からある話で、働き口が無くなるということとは違う。わかりやすく言えば、農家。昔は現代のような技術がなく、すべての作業が人を介して行われていたものが、農業用機械の発展や、不良品を減らすための農薬であったり、そういったものがきっかけで農家を営むための最低必要人員は減少していき、昔はごく僅かだったデスクワークをする職種が現在は一番多くなっていった。効率化によって、人間がいらなくなるのはいつの時代もあった。イノベーションによって、職業はアップデートされ続けれれており、今になって始まった話ではなく、どの時代も、ずっと同じ割合を保ち続けられている仕事は少ない。だから、あまり悲観する必要などないと思ったりしている。

 

先を見据えているひとたちは遊びがこれから仕事になると言っていることは、子供たちに伝えてあげたいが、むしろ、今の子供たちの方が強く感じているのかもしれない。これまで、認知度を上げるためのメディアが一極集中だったものが、いまはインターネットを中心に、拡散することが可能。そこで、これまでテレビを使える限られた人種でしか表現できなかったことが、いまは誰だってできる環境が整った。ユーチューバーを懐疑的に見る大人ほど、遊びが仕事になるということを理解できていない。

 

ただ、何も考えずに、ただただ、組織のために存在するようなひとは、必要なくなると思う。もちろん給与を与えてくれる組織に尽くすことは言うまでもないが、自分自身がなんのために、なにを実現するためにその仕事をしているのかが重要。

 

これから社会保障制度は、変化していく。年金がなくなってしまうかもしれないから、ちゃんと国民はそれに備えるように、というような情報操作もされながら。一流企業も、当たり前に存在している終身雇用も途中でなくなってしまうかもしれない。個人的には無くしてしまったほうが、組織のためになるような気もする。組織は国じゃない。だから組織は必要な人材だけを適材適所に配置できるようにして、当然だと思う。人を大切にするとか言って、リストラもしないようでは、結果的に能力のある人間の負担が増えるだけで、それが本当に組織のためになっているとは到底思えない。はっきり言って、組織に必要のない人間は、大勢存在していると日常的に感じる。

 

これからもっとBIに関して議論が深まっていくと思うが、今後益々進んでいく超高齢化社会においては、実現が難しくなっていくとも言われいる。

 

ベーシックインカムなんて、実現することないでしょ、って今は思ったりするが、なんでも最初はそんな感じだったりもする。

 

自分の子供が生きている間になってたりするのかな。

 

 

寿司修行3ヵ月でミシュランに載った理由とは何なのか

以前、堀江貴文さんが発言し、話題になったこちらの件をご存知でしょうか。

 

news.livedoor.com

 

言い方にかなりトゲがありますが、言っていることの意味は理解できます。あるところまでの忍耐は間違いなく必要ですが、一種の業界全体でのヒエラルキーのようなことで、あえて経験を積ませないというのは、巡り巡ってその業界にとって悪い結果になるような気もします。センスが有る無いのふるいをかけるだけで終わっているならいいですが、若い才能を潰していることもなくは無いんじゃないかと。それって、くだらないよねって。寿司業界に関わらず、独立後に、出店の制限をかけることはよく耳にします。どこどこ市内は何年後しかダメとか、出身店の半径何キロはダメとか。自分の育てた人間に負けてしまうという危機感からでしょうか。

 

この堀江さんの発言が話題になったあと、実際に何年も修行をすることなく、あのミシュランに掲載されるという快挙を成し遂げた寿司店が登場しました。

 

sushi-chiharu.jp

 

たった3ヵ月の修行を経た寿司職人だけで構成された大阪・梅田にある寿司屋「鮨 千陽」が、オープン早々「ミシュランガイド京都・大阪2016」に掲載されることで、堀江さんが言われていたことが実証された。

 

なぜ寿司修行3ヵ月でミシュランに載ったのか?

その理由が書かれたのがこちらの書籍でした。

寿司修行3カ月でミシュランに載った理由

寿司修行3カ月でミシュランに載った理由

 

 

「鮨 千陽」の従業員は著者である宇都さんが代表を務められる飲食人のための学校であるこちらの卒業生たち。

 

飲食人大学

飲食人大学 | 短期間で寿司調理技術を学ぶなら飲食人大学

 

これまでにも当然ながら世の中には、食に関する専門学校や大学も存在はしていましたが、宇都さんに言わせれば、それは結局、学校運営側のビジネスの側面が強く、本来ならば短期間で済むものを無理やり長く行い、時間に余裕を持たせ、やるべきことと、やる必要のないことで構成された時間を過ごし、結果、ただ、時間を過ごすということで、その学費を支払った親御さんたちを安心させるという手法が横行していると言われてました。そして、冒頭にあった堀江さんが言われていたような業界特有の悪しき伝統。その双方を解決するのが飲食人大学。

 

必要なことを、適正な時間で、ノウハウを学べる飲食人のための学校。

 

「寿司修行3ヵ月でミシュランに載った理由」では宇都さんの思いがこのように綴られていました。 

 

接客の心得には感謝が真ん中になければならないが、お客様は神様ではない。嫌いな客は嫌っていいし、客になって欲しくない人は断わればいい。
 
仕事を通して、何を目的とし、何を実現したいのか。
そして、何をやるかではなく、何のためにやるのか。
 
自分に合う仕事なんてものはない。この仕事は自分に合っている、と思うか否か。やりたい仕事が、やりがいのある仕事とも限らない。仕事は自分の意思で選んだものとして取り組むべき。仕事は自分なりにどこか楽しむ工夫をする必要がある。矛盾のない人間、組織なんてどこにもないし、その前提で会社を捉える視点が必要。
 
常に何が正しいなんてない。自分の心に恥じないでいよう。
 
人間みな同じ動物、そんなに差はない。
自分の可能性を信じたほうが人生は拓ける。

 

最終章では、堀江さんと「素人の時代において、飲食ビジネスはどう変わるのか?」をテーマに対談されており、読み応えのある内容となっていました。
 
堀江さんを信用し切ってしまうのも危険ですが、’あの’堀江さんって結構飲食ビジネスに興味を持たれてて、それに特化した書籍も発刊されてたりするを見ると、ITだなんだと言っているひとから見て、飲食業界は改善の余地は大いにあって、業界出身者でなくとも、ビジネスチャンスがあるんだと感じます。
 
これからの社会は新たな時代に突入し、パラレルキャリアというのも普通な話になったり、世の中的にも残業をしない環境を整えるような動きから、副業を推進する動きも出てきた。これから更に働き方改革が活発化することは明らかであり、本気で目的意識を持ったとき、この飲食人大学で学ぶということは大きなアドバンテージになると感じた。
 

静波極上ブレイクを目の前に、まさかの人生初アクシデントで2017初サーフィンが…

新年、あけましておめでとうございます!

 

f:id:win_river_stand:20170109090821j:plain

 

乗り初めに、こんな極上ブレイクの静波エリアに行ってきました!

 

 

12月は行けなくて、1ヶ月以上振りで、サーフィンも、写真も、スゲー楽しみで、カメラ3機の充電も抜かりないように準備して、22時前就寝で万全を期して、静岡県は静波へ今年初サーフィンへ向かいました。

 

 

日の出ちょい前に到着し、いくつかポイントをぐるぐる〜〜

 

f:id:win_river_stand:20170109090856j:plain

 

f:id:win_river_stand:20170109090931j:plain

 

思ったよりサイズあって、久々サーフィンで体力的に心配でしたが、いい波なので、ここで入水しましょう!

 

 

f:id:win_river_stand:20170109091017j:plain

 

と、車に戻り、着替えようとした、その時!

 

  

んん⁉︎

 

無いぞ

 

確かに、車に載せた記憶は無い

 

でも、そんなことがあるのか

 

いや、考えられない

 

たしかサーフィンをやりにきた

 

そんなことないだろうという今まで抱いたことのない期待感が高まる

 

あんなに万全を期したやん

 

アレが無いやん

 

ウェットスーツ

 

f:id:win_river_stand:20170115133236j:plain

 

f:id:win_river_stand:20170109091108j:plain

 

 

f:id:win_river_stand:20170109091159j:plain

 

 

f:id:win_river_stand:20170109091231j:plain

 

 

f:id:win_river_stand:20170110205737j:plain

 

みんな、いい波乗ってたなー

 

 

f:id:win_river_stand:20170109091344j:plain

夜明け前は肩ぐらいあったかなー

 

f:id:win_river_stand:20170115132404j:plain

 

f:id:win_river_stand:20170115133341j:plain

 

f:id:win_river_stand:20170110205552j:plain

うねりがスジでバンバン入ってきてました 

 

f:id:win_river_stand:20170109091422j:plain

 

 

f:id:win_river_stand:20170110205834j:plain

 冬は空気がキレイで、富士山も拝めました

 

f:id:win_river_stand:20170109091456j:plain

 

 

f:id:win_river_stand:20170109091538j:plain

 

 

f:id:win_river_stand:20170109091623j:plain

 

静波極上ブレイクを目の前に、ウェットを忘れるというまさかの人生初アクシデントで2017初サーフィンはお預けとなりました、、

 

経済の量産品として磨耗しないための「発想する底力」

AIをはじめとするデジタルのイノベーションによって、人間の価値をどのように高めていくべきなのか、こどもには何を伝えていけばよいのか、日々不安になります。そんな気持ちを少し落ち着かせてくれそうな触りから始まっていて、引き込まれていきました。 

発想する底力

発想する底力

 

 

著者は博報堂生活者アカデミーの中村隆紀さん。

www.hakuhodo-seikatsusha-academy.jp

 

帯のコピーはこう書いてあります。

 

ビジネスマン、経営者へ

常識を打ち破る人の新しい「学問のすすめ

 

それは発想体質をつくり、発想する底力を練磨する、ということのようです。

 

発想体質にするうえで、まず最初にできることは、目に見えている日常生活に強い好奇心を持ち、小さな欲求を見つけることから始める。日常生活はビジネスにもたらすクリエイティブ・マザーと表現されてました。先入観を壊して、新たな視点を得る。消費者としてではなく、生活者として理解をする必要がある。欲求を見つけるのには、個人的な体験や、生活感覚が拠り所になる。正論ばかりの応酬ではなく、私見をぶつけることで発想は生まれる。あまりに普遍的で、誰も否定できないまともな意見こそ、危険が潜んでいると思ったほうがいい。発想は情報整理ではなく、発想するの初動は、違和感を探し出すことから始まる。小さな違和感を、ポジティブに感じれるか否かが重要となる。無難なセオリーだけを頼りにするのは、発想やアイデアとは呼べず、ただのコピー&ペーストにすぎない。良い発想やアイデアには、論理とデータは、必ず後からついてくる。

 

マジョリティだけを相手にした戦略では、時間の経過で、コモディティしか生まれない。近道だけが、社会に最適な解をもたらすとは限らないし、発想する底力の練磨に奇策はない。スモールウォンツをストックし、それがフローの仕事のなかで、思わぬブレイクスルーをもたらすこともある。都合良く新鮮なアイデアを発案するのは難しいし、理路整然とリニアなプロセスでは生まれない。日頃のストックがあって、何かがきっかけで一点に寄り、起動する。

 

経済に合わせたスキルだけじゃなく、思考の土台そのものを修繕しないと人間本来の働き甲斐につながらないのではないかと疑問を持つひとが増えてきた。経済的な業績ではなく、未来の豊かさを目的としたイノベーションこそが、現代に求められている。現在の職業や業績のために成果を発想するのだけでなく、自分の思いを確かめながら、創造性の苗床をつくることが、働き方そのものの厚みを醸成することができる。これからは、利潤の最大化よりも、目的の追求こそが資本主義のテーマになるだろう。すでに、経済的なサクセスを貪欲に追い求めている人々が、本当の意味で幸せな生活をしているようには、ほとんどの人々が見えていない。自分自身もそう思う。もちろんお金は大事です。でも、自分の時間を生きずに、ただストレスに耐えての対価というのは、幸せには全く見えない。今後は、よりダウンシフターが増え、ジモティーと呼ばれる地元をよくしていこうとする人々がもっと増えてくるだろう。

 

自分が経済の量産品として磨耗しないために蓄えるべき知はなんなんだろうか。

 

調べてすぐに答えが出るような何かをしていても、高いアドバンテージにはならない。AIなどのテクノロジーのもたらす知は、課題に対する分析や解決はできるが、目的は創造できない。人間の主たる知は、目的を生むためのイマジネーションの土壌。

 

最近、AIと並んで、自分の環境のなかで、セレンディピティというワードをよく目にします。

 

Wikiではこう説明しています。

 

セレンディピティserendipity)とは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである。

 

茂木健一郎さんは、これは能力なんだと言われてるそうです。 

 

私は、よくラッキーだね、みたいなことを言われることがよくあります。確かに、どう考えて自分の努力なしに幸運だなと思うこともありますが、そう思わないときもあります。

 

なにか目的があると、アンテナにいろんなものが引っかかってきます。それを、すぐに使えないにしても、ストックしていくことで、なにか違う目的がきっかけで、偶然また出会って、それまでのストックがあるから、そのタイミングで「これだ!」と思えるのか、そうでないのか。いまのところ自分はミーハーと揶揄されることもあるので、生活者視点で日常を見ようと思う思考はあります。日常にどれだけ興味を持てるかで、セレンディピティの能力は高めれると思います。これからもできる限り、スモールウォンツをストックしていきたい。

 

 

「美味しい、楽しい、面白い。」のCOMMUNE 246をクローズ前にもう一度

期間限定だったなんて、全然知りませんでしたが、どうやら当初からそういう告知をしながらオープンしてたんですね。もう体験できなくなってしまうので、最後に行ってきました。

commune246.com

 

これ以上衝撃を受けるところって、この先の人生であるのかなーって思うぐらい素敵な空間。前回は3.11の夜に行きました。こちらはその時のレポートです。

win-river-stand.hatenablog.com

 

おしゃれな屋台村とか、おしゃれなフードコートとか表現されている方がいましたが、その通りですね。やってること自体はなんら普通なんですが、その出店者たちがめちゃめちゃハイセンスなだけと言えば、ただそれだけなんですが、でも、それがめちゃめちゃデカイし、マネできそうで、できない。

 

これまでに経験したことのない空間ですが、業態としては、これまでの人生でも普通に見てきているもの。それでも、やる人たちのセンスで、こんなにも印象が違うものになるってのは不思議です。

 

ここに出店されているお店は全てなんかリアルに感じます。最近はなんちゃってブルックリンが業界問わず横行してますが、ここはそういったものとは全く違って、ホントに異国感に溢れてる。

 

この日は、平日の昼間で、雨が上がったばかりということもあって、全然人がいませんでした、リラックスしならがお弁当を食べました。

 

f:id:win_river_stand:20161223132745j:plainf:id:win_river_stand:20161223132834j:plainf:id:win_river_stand:20161223133027j:plainf:id:win_river_stand:20161223133138j:plainf:id:win_river_stand:20161223133250j:plainf:id:win_river_stand:20161223133420j:plainf:id:win_river_stand:20161223133521j:plainf:id:win_river_stand:20161223133608j:plain

 

ここからはドーム内の写真です。

f:id:win_river_stand:20161223133706j:plainf:id:win_river_stand:20161223133738j:plainf:id:win_river_stand:20161223133838j:plain

 

いつかDIYしてみようと思って、椅子と机も寄り目の写真も撮っておきました。

f:id:win_river_stand:20161223133935j:plain

 

足場材の無骨さがカッコイイです。

f:id:win_river_stand:20161223134027j:plain

 

こんな空間で、アメリカンなプレートランチをいただきました。

f:id:win_river_stand:20161223134108j:plain

 

 

名古屋にもカフェ・カンパニーさんがディレクションしたお店ができたということで、先日行ってきました。

 

La Boca Centro (1F)

https://www.bocacen.com/boca-centro/

La Boca Chika (B1)

https://www.bocacen.com/boca-chika/

 

2業態あって1FとB1とで分かれています。1Fは相当セレブ感がありましたので、自分のような身分では居心地が悪かったですね。スタイルを持っている人というよりも、いかにもお金持ってる人たちがいっぱい居ました。内装とか空間作りのためにお金がかかってる感をすごく感じました。

 

B1は名古屋の元気のいい飲食店が4店参加して、ということだったので、ひょっとして、COMMUNE246みたいなお店ができるのでは?と期待してたのですが、全然でした。。食事自体は満足ですが、COMMUNE246風という期待感を持って行ったので、個人的には期待はずれという感覚でした。

 

この2店舗も期間限定での出店だそうです。カフェ・カンパニーさんは、短期で稼ぐビジネスモデルが得意なんでしょうか。格安の家賃とかで。

 

ちなみにカフェ・カンパニーさんの代表が書かれたこちらの本、めちゃめちゃ面白かったです。

ラブ、ピース&カンパニー これからの仕事50の視点

ラブ、ピース&カンパニー これからの仕事50の視点

 

 自分の細かな感想はこちらです。

win-river-stand.hatenablog.com

 

 

246COMMONがCOMMUNE246として生まれ変わったように、また何年後かに、更にパワーアップして再登場することを期待してます。