子育て世代の秘密基地「勝川STAND」

未来はこども達のためにある。であるならば、僕たち子育て世代がポジティブに生きる必要がある。

書評

”現代の魔法使い”落合陽一さんに学ぶ「超AI時代の生存戦略」

最近は、本を読む以外にも、動画を使って知見を広めるようにしています。仕事柄、営業車での移動時間も長い。通販枠だらけのくだらないラジオを聞いているよりは、音声だけでも動画を流していたほうが、自分の未来を作るためには非常に有効だと思うので、最…

「ROEって何?」とは思わなかったけど、経営指標の教科書でお勉強

頭の中で、引っかかっているものが変わると、目に映るものの中で、光ってくるポイントが全然変わります。これは1ヶ月前ほどに出会った本。 図解 「ROEって何?」という人のための経営指標の教科書 作者: 小宮一慶 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2017/06…

竹中平蔵さんに学ぶ、日本経済を変える「第4次産業革命」

藤原和博さんの動画を検索していたときに、GLOBIS知見録の存在を知りました。 globis.jp このサイト内には、ベンチャー企業の社長から、マーケター、政治家、アスリート、アーティスト、研究者、学者など、数多くの枠に捉われない職種の著名人によるセッショ…

池田純さんに学ぶ『空気のつくり方』

野球ファンのみならず、横浜ベイスターズの試合の観客動員数が劇的に増加したり、球団が慢性的な赤字経営から黒字経営へ転換したなどのニュースは多くのひとたちが聞いたことがあるかもしれない。このストーリーの主役は住友商事、博報堂を経て、DeNAに転身…

樺沢紫苑さんに学ぶ『脳を最適化すれば能力は2倍になる』

今年に入り、これまでの自分を見直し、100年ライフを謳歌できるように始めたことのひとつに、中小企業診断士の資格取得に向けた勉強があった。 なんでもやる前から諦めるという体質を改善しようという意味もあったが、勉強を始めてみると想像以上に資格取得…

木蔵シャフェ君子さんに学ぶ『’シリコンバレー式’頭と心を整えるレッスン』

マインドフルネスへの理解を深化させるために、こちらの本を読みました。 シリコンバレー式 頭と心を整えるレッスン 人生が豊かになるマインドフルライフ 作者: 木蔵シャフェ君子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/04/26 メディア: Kindle版 この商品を…

未来の自分と子どものために『子育てに効くマインドフルネス』を今から学ぶ

言葉すら知らないひとの感度は低すぎると思ってしまうぐらい、現代社会には広く流通している「マインドフルネス」。それはGoogleの影響が一番大きい。 個人的には、サーフカルチャーを通して、レジェンドたちからZENのワードをよく聞く。それ故、日常生活に…

森岡毅さんに学ぶ『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』

有名過ぎるが故に今更感もあったし、森岡毅さんに興味がありながらも敬遠していたなか、こんな記事を読みました。 www.advertimes.com 西野さんも、嶋さんも好きでベンチマークしてる方々です。その2人の対談のなかで、嶋さんがサイコパス性について語られて…

田村淳さんが定義する「日本人失格」であることは、これからの時代を生きるうえでは必要なこと

この本では、これまでの成長社会にあった日本の悪しき伝統を否定し、これからの成熟社会をどう生きていくべきかを説いている。 日本人失格 (集英社新書) 作者: 田村淳 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/02/17 メディア: 新書 この商品を含むブログを見…

『坂の上の坂』30代から始めておくべきことを藤原和博さんに学ぶ

やっぱり自分は遅い。感度をもっと高めていかなければと思う。今さらながら藤原和博さんの書籍を初めて読んだ。 改めて存在を知ったきっかけはあるこちらの対談から。 toyokeizai.net 西野亮廣さんの考え方は個人的には好きなところが多い。ほとんどのメディ…

「LIFE SHIFT ライフシフト」100年時代の人生戦略をまじめに考えないと結構ヤバいことを今さら気づく

まー、当たり前と言えば、当たり前なんですが、僕らの世代は100歳生きて当たり前という時代に入っているわけです。僕は今年37歳です。所謂、松坂世代です。それはなんとなく、感じますよね、日常生活においても。これだけ世間が超高齢化社会がすぐそこに!と…

寿司修行3ヵ月でミシュランに載った理由とは何なのか

以前、堀江貴文さんが発言し、話題になったこちらの件をご存知でしょうか。 news.livedoor.com 言い方にかなりトゲがありますが、言っていることの意味は理解できます。あるところまでの忍耐は間違いなく必要ですが、一種の業界全体でのヒエラルキーのような…

経済の量産品として磨耗しないための「発想する底力」

AIをはじめとするデジタルのイノベーションによって、人間の価値をどのように高めていくべきなのか、こどもには何を伝えていけばよいのか、日々不安になります。そんな気持ちを少し落ち着かせてくれそうな触りから始まっていて、引き込まれていきました。 発…

「言葉にできる」は武器になる。「言葉にできない」は考えてないのと同じである。

発売当初から何度も「はじめに」を目にして、いつ買おうかと狙いながらも、他の本に目移りして買いそびれてましたが、今更ながら、ようやく読了。 「言葉にできる」は武器になる。 作者: 梅田悟司 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2016/08/26 …

中川政七商店に学ぶ、経営とデザインの幸せな関係

本屋に行くと、現在の悩みを解消してくれそうな本を探すのですが、最近はそんなモードが強くて漁りすぎたのか、なかなか出会うことができません。 そんななか、どハマりするタイトルの本と出会いました。 経営とデザインの幸せな関係 作者: 中川淳 出版社/メ…

ビジネス・フォー・パンクス!パンク的DIY精神で、あらゆる壁を破壊しよう

日経MJで紹介されてました。まずジャケがかっこいいなと思って、興味が惹かれ、紹介文を読むと、クラフトビール界の革命児的なことが書かれており、これはヤバそうだなと思って、本屋で手に取りました。結構分厚めで、これ読み切れるかな、、とか思いながら…

澤田洋史さんに学ぶ、マーケティングに基づいた人気店のつくりかた

本を手にしたのは、かっこよさが滲み出てたからというビジュアル先行で。数ページ読むと、コーヒー好きにはもちろんハマる内容ですが、タイトルにもある通り、人気店はこうつくる、ということについて、かなりテキスト量を削って、端的に思いを伝えられてお…

誰かに頼まれるのを待つのではなく、まず、表現してみる。

ちびまる子ちゃんでお馴染みの、あの『さくらももこ』さんも心酔する岐阜県は郡上八幡。縁あって、幼少時代からよくお邪魔しており、僕にとっても特別なエリアです。 最近知ったのですが、郡上八幡にはこんなキャラクターがいます。 gj8man.com GJ8マンは「…

99%の会社はいらない。これからの時代の幸せは「自分の時間」をいかに生きるかで決まる。

自分は日本に生きているので、日本のスタンダードに合わせるというか、それがベースにはなるわけだけども、世界を知っている人で、言ってはいけないことがないジャンルの人たちは、日本のいろんな悪い点、世界と比べて劣る点を教えてくれます。 99%の会社は…

シズル感とかブランディングの重要性を改めて教えてくれる『ビールはゆっくり飲みなさい』

最近クラフトビールづいているので、少し勉強の意味を含めて読ませていただきました。ビールに関しての本は、たまにMOOKなどは見ることはあっても、書籍はあんまり見てなかったのですが、日経MJの広告欄で目についたことからコチラの本の存在を知ることにな…

メディアの垣根を超えるクリエイターによる自己啓発的な『グレーな本』

少し古い本ですが、すごくいい本です。ハイパーメディアクリエイター高城剛さんによる個人的にはかなり自己啓発されるグレー本です。子育て世代にも響く内容かと思います。 グレーな本 作者: 高城剛 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/08/07 メディア: …

宮原秀雄さんに学ぶ、もっと自由に生きるためのサーフィンのあるライフスタイル

instagramで世の中の色んな業界のトップランナーたちのライフスタイルを覗かせていただいてます。これまでだったら、あの超ハイセンスなあの飲食店のオーナーの暮らしとか、センスとか、そういうのって、本当の友達でしか知り得なかったけど、今は違いますよ…

自然を感じて過ごす心地よいライフスタイルブック

サーフメディアじゃないのに著名なサーファーのライフスタイルがフューチャーされてたので、迷うことなく購入させていただきました。 表紙のツリーハウスはNALUでも登場してましたね。 Casa BRUTUS特別編集 自然と暮らすスタイルブック (マガジンハウスムッ…

「考えぬく力」大事なのはマネタイズじゃなくて、ソーシャルグッドなマインドセット

地元ラブなので、 ふるさと納税はやってませんが、ブームの火付け役のかたの本が出てたので、手にとって、さらっと目次を読んだら「貯金はしないで、自分に投資する」ってのが目に止まって、今の自分を肯定してくれているようだったので、買わせていただきま…

ヒップスターたちが起こすライフスタイル改革の波

ヒップスターって分かりますか? ざっくり言うとアメリカのイケてる人たちです。この人種がサブプライム金融危機あたりから、生きるということを改めて考え直し、ライフスタイルの革命を起こして、それに呼応する消費者が拡大し、今のムーブメントがあるので…

センスが無いと嘆くヤツは努力が足りないことを疑ったほうがいいカモ

先日の『今日からセンスを君の武器にしよう』と同じく、センスをテーマにした書籍です。著者の名前は聞いたことがなくても、著者が手がけた作品を知らないひとは少ないかと思います。 センスは知識からはじまる 作者: 水野学 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 …

AIに負けないためにセンスを武器にしよう

最近AIに関する投稿が多くなったり、色んなところでやたらと聞くので、結構前に読んだ本ではありますが逆にこういうテーマの本に関しての投稿をしたくなりました。 今日からセンスを君の武器にしよう 作者: 石渡晃一 出版社/メーカー: クロスメディア・パブ…

統計から導き出される「学力」の経済学

結構前の本なんで今更感もありますが、ブログは始めてない時期でしたし、いい本なので紹介させてください。 「学力」の経済学 作者: 中室牧子 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2015/06/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) この…

日本に生まれただけで得をする時代は終わった

このブログに辿り着く人で堀江貴文さんのことを知らないひとは間違いなくゼロだと思ってます。知らないひとを探すほうが難しい。最近はテレビ出演を避けている傾向があるように思えますが、熊本地震前はそれなりに頻繁にテレビなどのメディアに登場されてま…

『未来化する社会』イノベーションとグローバル化という波にどうやってテイクオフするのか

とにかく本を選ぶ基準は子供がベースにあります。 自分の子供が大人になったとき、現代の常識が非常識になって、非常識が常識になって、という多くのコトが起きているはずです。そのときになって、初めて気付くんじゃなくて、そういうのは必ずいきなりじゃな…