読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て世代の秘密基地「勝川STAND」

未来はこども達のためにある。であるならば、僕たち子育て世代がポジティブに生きる必要がある。

家族サービスという言葉が嫌いです

子育て

僕は『家族サービス』という言葉があまり好きではありません。

 

サービス、って。

 

サービス
《名・ス他自》
  1. 1
    個人(客・来訪者)や社会や家族に対する、奉仕的な活動、また、職務としての役務提供。
     「訪問介護―」
     

ですよ。

次に。

奉仕、って。

 

ほうし
奉仕
《名・ス自》
  1. 1
    国家・社会や目上の者などのために、私心を捨てて力を尽くすこと。
     「社会に―する」
  2. 2
    商人が客のために特に安く売ること。
     「―品」

 

私心を捨てて力を尽くすこと。

私心とかあんまり聞いたことないな。

 

ししん
私心
  1. 1
    自分の利益だけを考える心。
     「―を去る」
  2. 2
    自分一人の考え。私意。
     

 

いや〜、やっぱりオカシイと僕は思います。

 

家族の笑顔を見たいという私心があってのことですよね。家族サービスって、してあげてる感が出てて嫌です。

 

あと、子育てって、こどもの主体性を伸ばすことが重要ですよね。

 

全く主体性ないですや〜ん

 

いい子育てをしていているとは思えません。

 

『家族のために!』『家族言うからしてあげてる』って。

だったら、やめたらいいんですよ。

 

あと、こないだ、プールが好きな子供を連れて温水プールに行ってきたのですが、そこで高校時代の同級生に会いました。相手(女性)は旦那さんと子供2人の計4人で来てて、僕は娘と2人でした。

 

『二人で来てるの⁈ 次郎は子煩悩だよね〜』

 

これは言われて嫌な気持ちもしないし、言葉の概念に疑問はありません。

 

気になるのは『次郎』のあとの『は』です。

 

僕は比較的時間に恵まれているので、その点が大きく影響はしていると思いますが、子育てってホント今しかないと思って楽しんでます。今しかないってのは、嫁にも言われるし、子育て本とかでも言ってるし、長谷川豊とかも言ってます(長谷川豊、結構、好きでして)。

 

プールに行く前のワクワクした笑顔

プールで遊んでいる時のキラキラした笑顔

プールが終わったあとのニコニコの笑顔

 

 どれも見てて嬉しいし、また見たいなって気持ちが自然に生まれてきます。

 

僕は、自分の私心で子育てをしてます。

f:id:win_river_stand:20160530235211j:plain