読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て世代の秘密基地「勝川STAND」

未来はこども達のためにある。であるならば、僕たち子育て世代がポジティブに生きる必要がある。

リニューアルオープン間近!peAceman gallery に行ってきました

 ここ数年は作業場となってて、一般開放はしていなかったpeAceman gallery が、近々リニューアルして再オープンするようです!

 

明確なオープン日は決まっていないとのことで、まだ6割ぐらいの完成度のなか、いろいろな話を聞かせていただきました。本当に感謝です。

 

私は完全なるビジターで、いつも電車でお邪魔してます。JR平塚駅から徒歩で10分も無いぐらいで到着します。

 

f:id:win_river_stand:20160810104543j:plain

 

peAceman gallery
〒254-0812
神奈川県平塚市松風町23-3パルテール松風102

 

先日発刊されたこちらのご当地本でU-skeさんはフューチャーされてました。グルメとか名所じゃなく、人としてフューチャーされてる。さすがレペゼン平塚です。

 

f:id:win_river_stand:20160810104624j:plain

 

こちらは先日のRHCみなとみらいのイベントでも出展されていた写心。

 

f:id:win_river_stand:20160810104655j:plain

 

このスター、お店やる時が来たらオーダーしたいです。存在感半端ないです。何十万とかしそうですが、、

 

f:id:win_river_stand:20160810104722j:plain

 

写心の販売だけじゃなく、こういったiPhone用のウォーターハウジングも売られてました。

 

f:id:win_river_stand:20160810104750j:plain

魚眼レンズもありました。GoProほどの手軽さはないもののiPhoneカメラの性能をフル活用できるので、防水系のカメラを持っていない方にはオススメなアイテムかと思います。GoProはデータ取り込むの面倒だったりしますから。

 

完成度6割ということでギャラリー内はこんな感じでございました。

 

f:id:win_river_stand:20160810104929j:plain

 

f:id:win_river_stand:20160810105020j:plain

 

いままでの作品がこんな感じでストックされてて、キズものならカナリの破格値で購入可能ですよ!なかには¥0という表示もありました(笑)欲しかったんですが、これはちゃんとオープン以降に来店される方にとっておきました。

 

f:id:win_river_stand:20160810105103j:plain

個人的には、そのキズさえも超一点モノと捉えれば、マニアにとっては生ツバものだと思います。

 

 

f:id:win_river_stand:20160811095521j:plain

私は一点モノのこちらの写心とポケTを買わして頂きました。僕はポケTが大好きなんですが、こんな感じでポケットの上からプリントしているポケTは初めて見ました。最高にかっこいいです。

f:id:win_river_stand:20160811095603j:plain

 

近々、名古屋でも個展開催を計画されているようで、名古屋近隣にお住まいの方は生でU-skeさんワールドを感じれるチャンスがやって来るかも⁉︎

 

これまでは波乗り関係のショップやアパレルでの開催が中心でしたが、今回企画されている個展は画廊で開催し、少しターゲットを変えた作品群で臨みたいそうです。そんなトライを名古屋で開催カモというのは嬉しい限りです。楽しみです!

 

というお話をしていると日が暮れて、お腹が空いたので平塚と言えばのあのお店へ移動〜〜

 

f:id:win_river_stand:20160810105149j:plain

 

ケリー・スレーターやロブ・マチャドなどの海外ビッグネーム始め、国内プロサーファーも平塚エリアで入水すれば寄っていかれるタンメンの銘店『花水ラオシャン』!

 

f:id:win_river_stand:20160810105223j:plain

 

U-skeさんとラオシャンに一緒に行ける日を夢を見てましたが、まさかその日が本当に来るなんて、、涙

f:id:win_river_stand:20160810102350j:plain

 

Life is beauty fullな日になりました。

 

サラリーマン。

苦しんでも40年。楽しんでも40年。

 

ぼくは、世界一楽しいサラリーマン---会社をやめずに自由に働く89のコトバ

ぼくは、世界一楽しいサラリーマン---会社をやめずに自由に働く89のコトバ