子育て世代の秘密基地「勝川STAND」

未来はこども達のためにある。であるならば、僕たち子育て世代がポジティブに生きる必要がある。

『自分のリミッターをはずす!』苫米地英人さんに学ぶ、変性意識状態への入り方

久しぶりに苫米地英人さんの本を読んだ。今考えると、そこから本にハマったなと思うが、苫米地さんの書いた電通絡みの本を読んで、しばらく苫米地さんの本を読み漁った。その時強く感じたのは、本当に自分たちは世の中の仕組みによって洗脳されまくってるなということ。書いてある全てのことを正しいと思うわけでもないが、それ以降、メディアの発信する情報の受け取り方に気をつけるようになった。

 

今年1月頃に自分が掲げた目標があって、その目標に対して怠けている自分がいる。縛るものは自分でしかないので、自分でマインドをコントロールするしかない。そこで、以前は脳科学的なもので意識を変えたが、今回はこちらの本で、現状を変えるきっかけを作ろうとした。

自分のリミッターをはずす! ~完全版 変性意識入門

自分のリミッターをはずす! ~完全版 変性意識入門

 

 

副題として「変性意識入門」とある。「変性意識」という言葉は、全く聞いたことがなかったが所謂「フロー」「ブースト」という言葉に置き換えされることがあるもの。この本は、人間の最高レベルの力を自分の意思で引き出すための方法論が書いてある。

 

本を読む以前から、何か目標を掲げて遂行するには、自分に暗示をかけることが一番効果があると感じていた。実際にその能力が有る無し関わらず、自分はそれができると確信を持つことで、その力は何倍にもなって、自己実現できることがある。もちろん、できない時もあるし、その方が多いかもしれないが、自分で自分に催眠をかけるということは凄く意味があるという原体験があった。この本では、潜在能力は、訓練で自由に使いこなすことができると言われていた。

 

人間の意識状態は2つあって、ひとつが覚醒状態である普通の状態であり、もうひとつが変性意識状態。変性意識は、誰でも経験したことがあるもの。この世で最も深い変性意識状態は睡眠であり、音楽を聴いて、曲がいいなと思っている瞬間も変性意識状態にある。人間の意識が物理空間ではないところに臨場感を持った瞬間から始まる。その状態になれば、自分のなかに潜在していた能力を発揮することができる。
 
人間ならば誰でも催眠にかかる。すべての催眠は自己催眠で、催眠によって引き出せるのは、あくまで自分が持っている力だけ。自分の重要度によって目の前の世界を見て、現実を加工している。催眠は、情報空間に臨場感を持っている時に暗示を入れることで可能になる。情報を複合化して判断することで、簡単に判断をひっくり返される。現実空間そのものが既に高度な情報空間になっている。変性意識状態に入ってしまうと判断が鈍る。催眠があるということに確信を持つ。
 
才能があっても、思い込みがなければ、能力は発揮されない。リソースは全て自分のなかにある。変性意識状態は、通常よりも記憶力や情報構築能力が上がるため、自らその状態に持っていけることは強みになる。
 
変性状態に入るための手段として、催眠の他には、気功と古武術についても触れていた。古武術については、レベルが高く、理解が非常に難しかったが、気については同意できる部分はあった。
 
気とは、すべての人間に備わっている力だが、現代科学では解明できない能力。この世に存在するが、実在しないものであって、気の実利を最大化するのに必要なのは、気はあると確信すること。気とは何か分からないけど、自分は気が出せ、効果があると確信している状態を確立する。気が存在するということについて、今後、科学的に解明され、世間的に理解が深化するだろうと、高城剛さんも以前話をしていた。
 
気を信じれるか否かでいうと、信じれない人は多数いると思う。しかし、気という言葉が入る日本語は多数あることや、人の気配がするという表現など、人間はもともと存在しないものに存在感を感じることを得意とする生き物である。であれば、気があると認識することには本来抵抗はないはずだが、これ正とすると変人扱いされるのではないかということもあって、一般人の理解はほとんどない。テレビなどで過剰に演出されたものや、切り取り方で、現実的ではないものを見せられることが多いことも、信憑性に影響を与えているとも感じる。
 
変性意識は人間の可能性を広げるもので、自分の身体と心を自在に操るための重要な技術であると認識して、生活に取り込むことが人生を豊かにする。ひとつの事実だけを信じるのではなく、いろいろな角度から物事を見ることは非常に重要。催眠や気など存在しないと言うのは簡単だ。なぜなら、目に見えるものではないから。でも、それだけで判断するのではなく、そこにあると信じることでゾーンを導くことができる可能性が高まるのであれば、トライしてみることは必要だと思う。たびたびこの方の言葉を借りるが、高城剛さんも今後の社会はよりパーソナルな方向へ向かっていくと言っていた。この本で苫米地さんが説いていることも、同じストリームにあると感じる。今後、催眠や気についても、マインドフルネスが流行しているように科学的に解明されたとき、一気に世間的地位を獲得すると思う。デジタルのプレゼンスが高まれば高まるほど、昔からあるこのような迷信のような類いのものの価値が見直される。
 

久しぶりに海で見たいい感じの朝焼け

先週末は、約1ヶ月ぶりに波乗りに行った。

 

メンバーも、久々に会う面々で、やっぱり波乗りって、コイサーだなと。

 

海で見る朝焼けは、本当に感動的。

 

やっぱり波乗りは、単純にスポーツと表現するものでないなと改めて感じた。

f:id:win_river_stand:20171112141212j:plainf:id:win_river_stand:20171112141243j:plainf:id:win_river_stand:20171112141319j:plain

f:id:win_river_stand:20171112140355j:plain

f:id:win_river_stand:20171112140439j:plain

和波俊久さんに学ぶ『ビジネスモデル症候群 -なぜ、スタートアップの失敗は繰り返されるのか?』

ここ最近、スタートアップという大それた話ではないが、副業をスタートさせるにあたり、どのようなものが考えられるのか、どのようなことならば出来るのか、答えが出るわけでもないが、頭を悩ませており、書店でこの本を見つけた。 

ビジネスモデル症候群 ~なぜ、スタートアップの失敗は繰り返されるのか?

ビジネスモデル症候群 ~なぜ、スタートアップの失敗は繰り返されるのか?

 

 

起業するとなれば、これまでの既存のビジネスモデルでなく、何か組み合わせも含めて、これまでにない新しいビジネスモデルでなければ、戦うことはできないんだと決めつけています。この認識に特に誤りはないが、それを信じ過ぎると危険だということが語られていた。

 

クラウドサービスやコワーキングスペースなどの普及に伴い、大幅なコストダウンが実現されることで、世界的なスタートアップブームが進んだ。そのような背景から、感覚値として、日本国内においても起業家は増えているんだろうなと思っていたが、日本では起業家は減少しているという事実がある。起業家という狭い世界が、SNSなどのインターネットを通じて、可視化されただけであるというところ。

 

起業にあたって一番注意しなければならないのは、ビジネスモデルというアイデアの中身に、過剰に依存してはいけないということ。リーン・スタートアップという戦略が広く知れ渡っているが、ニーズの存在しないビジネスモデルを信じ込むと失敗する。つまり、目の付け所が悪いのに関わらず、それを信じ、走り続けれても、そこにゴールはない。

 

仮説を許容し、検証を繰り返し、フィードバックを反映すれば、顧客が必要とするビジネスモデルに近づくはずであるが、確証バイアスによって、信念を支持する情報ばかり集め、反証する情報を無視または集めようとしなくなってしまう。すると、確証バイアスに陥っていることに、なかなか気づかないまま、走り続けることになってしまう。

 

自分のバイアスの怖さもあるが、バイアスは集団化で更に強いものにある。バイアスが効きすぎると、真実が見えているのは自分だけだと思うようになり、それに気づいてる自分が素晴らしいんだという錯覚に陥る。アイデアを持つと他人と同じ考えを持てない危険性がある。直感的に手に入れた所謂ヒューリスティックな結論であればあるほど、それは真実である可能性は低いことを理解する必要がある。

 

イデアを持ってしまった瞬間から無意識に確証バイアスに陥るのは仕方ない。思い込みを脱し、真のニーズを掘り当てるまで、経営が継続できれば成功へ近づくことができるが、人は変化を無意識的に拒むもの。一度自分が信じたものを変える勇気を持つことは、非常に難しく、逆のその信じたビジネスモデルという手段自体が目的化してしまう。本来はその手段を持って達成すべき問題があるのにだ。

 

スタートアップは、やらなくてはいけないことをやり切れずに成功することが難しいのではなく、やってはいけないことをやって自滅するパターンが多い。ビジネスモデルの神格化が、ビジネスモデル症候群を招く。ピボットは、オリジナルアイデアからのシフトだけではなく、根本的にアイデアを変えるという選択肢も持つ必要がある。また、創業は再現性を持って成功させれることであり、イノベーションには偶然性が必要で全てを自分たちだけでコントロールすることはできないということを認識する。イノベーションが起きるのは条件が一致するわずかなタイミングに、いかに的確に行動に移せるかという外的要因が大きく関与している。
 
いつでも起業できる環境が整った現代社会。成功談は数多く目にするが、過剰に美化されることが多い。ジョブズが初めて作ったコンピューターはガレージなどで生まれていない。人々が勝手に作り出したストーリーであり、この説は本人から否定されている。人間は、都合のいいエピソードを選択し、それを美化するのが得意だ。
  
成功者は、自分が取り組んでいるテーマに関する情報を常にアップデートしている。起業の目的は一生涯同じではない。よいアイデアができれば、それを実現するための行動が生まれるのではなく、行動するからこそ、アイデアは価値を伴う。直感的に思いついたアイデアヒューリスティック)を信じ込み、アイデアへの賛同者が増えて集団化すると、どんどん視野が狭くなり(バイアス)、やがてなんのために起業したのか分からなくなる(手段の目的化)。
 
パレートが提唱するもので、最小努力の法則というものがある。人は自分の考えを、できるだけ早く確証させたいがために、問題を正しく理解する前に答えを出そうとして、無意識のうちに問題を簡素化してしまい、やがて本質を見失ってしまう。
 
ビジネスを通じて学習を重ねることが、起業という作業であって、知らないことがあると思い続けることが、人間の成長を促す。また、起業とは、経営者という人生を選択すること。自信とは、日々の積み重ねの中からしか生まれない。アイデアで、恐怖を乗り越える自信は得られない。間違った角度で発射されたロケットは、やがて失速するように、方向が正しくないと努力は報われず、モチベーションを失い、失敗する。
 
自分がやりたいことが実現できている状態とはどんな世界で、その状態は何を測定すれば評価できるのかを事前に決めておくことがコンパスを持つということにもなる。ビジネスモデルというアイデアに人生を委ねるのでなく、これから長い時間をかけて終わらない学習を重ねる。
 
人は自らの正当性を維持するために、自分で自分にウソをつく。矛盾する二つの事実を認知した場合、自分にとって不都合な事実を無かったことにしてしまう。手に入らないと分かった時、その悔しさを解消・低減するために、わざとその対象の価値を低める。このような認知的不協和を解消するために、自分を正当化するのでなく、対立するファクトに真正面から対峙する必要がある。
 
 
成功者のほとんどが、いきなりその成功を得たわけではなく、積み重ねた土台があって成功しているということに最近気がついた。その土台は、ほんの数ヶ月ではなく、何年もかけて作り上げている。時々、それを忘れて、成功者はセンスがあるから、自分とは違って、自分にはできないと逃げる。ある部分正解かもしれないが、努力なしで成功したり、ましては一発で成功するなんてことは、宝くじで当てるようなもの。すべてのホールでホールインワン狙うことはできない。
 
和波さんが言われていることは、ビジネスだけではなく、自分にとっては子育てにおいても非常に有効だ。信じることで強くなることもあるが、その信じるものが本当に正しいのかという確信を持つことも非常に難しい。進むべき道は、本当に正しいのか。自分のバイアスがかかっているということを充分認識したうえで、第三者的な側面を意識しながら、複眼的な思考を持つことで、失敗のループから抜け出し、成功率を高めていける。

台風とSNSが繋いだ奇跡!とあるラーメン店の超絶ドラマチックな感動の実話

お読みいただき、ありがとうございます。

 

2017年10月24日に起きた、こちらの件について説明をさせていただきます。

news.nifty.com

 

話自体は上記の記事で完結しますが、ここでは、その裏側で何を考えて、何を仕掛けた結果、どうなったかというのをご説明させて頂きます。

 

このストーリーの主役は「ライトニングファイヤー」という名の、中華そばとまぜそばをメインとし、みそそばやカレーまぜそばなど、フルライン的なメニューを揃えるラーメン店です。

f:id:win_river_stand:20171114134241j:plain

 

ライトニングファイヤーは、11/17に3周年を迎えます。愛知県春日井市のJR勝川駅近くでありながら、立地的には決して良いとは言えない環境で、日々、他のラーメン店とどう差別化をしていくのか頭を悩ませ、ラーメン作りと愚直に対峙しながら、他店にはないコミュケーションを展開しており、私は友人として、過去2年ほどプロモーションをお手伝いしております。

 

 - 2016.11 - f:id:win_river_stand:20171111161237j:plain

- 2017.1 -

f:id:win_river_stand:20171111161355j:plain 

- 2017.4 -

f:id:win_river_stand:20170906060744j:plain

 

これまでも数回他イベントに出店はしてきていますが、今回の件は、こちらのイベントの出店が発端です。

f:id:win_river_stand:20171111161616j:plain 

このイベントは、市内を中心とした約24万人が来場する愛知県春日井市が主催する年に一度のイベント内で開催されており、ライトニングファイヤーは、認知拡大を目的として、2017年の本イベントへ出店を決めました。

春日井まつり公式ホームページ | 市民とともに創り上げるまつり

 

ラーメン横町の開催は今回で17回目となり、これまでも大盛況という状況でありましたが、せっかく参加させていただくに当たり、新たな顧客発掘をするべきで、そのためのプロモーションをする必要があるんじゃないかという提案をし、主催者様に快諾をいただきました。快諾いただけた理由は、そんなことしたって何も変わらないから、やりたけゃやれば、ということだったのかもしれませんが、例えそうだったとしても、その判断には感謝すべきであり、そのご厚意に応えるべく、どのようにプロモーションをすればよいかを私たちは熟慮しました。

 

近隣のラーメンが好きな人種は、プロモーション手法に関係なく来場されると思われ、春日井まつりという特性上、全国のラーメンファンに向けて発信しても来場が難しいため、市内のラーメンに興味がない方の目を引きつけることで、事前の認知拡大が最大化されると考え、2017年のラーメン横町はこれまでのラーメン横町とは明らかに色の違うコミュニケーションで、これまでの最高来場者数を少しでも上回ることができるようinstagramを中心にプロモーションを行いました。

 

◼︎販促ポスター f:id:win_river_stand:20171111161530j:plain

※右下角がライトニングファイヤー店主

◼︎公式instagaramアカウント

www.instagram.com

 

本イベントは通常お店では出さないメニューを販売するイベントとなり、ライトニングファイヤーはこちらのメニューで準備を進めていました。

 

トマトと角切りベーコンの太陽のまぜそば

f:id:win_river_stand:20171111161659j:plain

角切りベーコンと豚ミンチをトマトで煮込んだ特製ミンチを極太麺にのせ、仕上げに細かく砕いたチーズをふりかけ、秘伝のタレと絡めてお召し上がりいただくまぜそば

 

順調に準備が進むなか、まず、このニュースが飛び込んできました。

www.news24.jp

 

これによって、春日市まつり開催日と投票日が重なることが決まり、当日祭りの開催を予定していた自治体は多く、自治体によってはその影響によって中止となるケースもありましたが、春日井まつりは開催されることになり、胸を撫で下ろす。

 

すると、次は、こんな時期になんで上陸?しかも、この日ピンポイントで??というニュースが入ってきた。

www.nikkei.com

 

2週末連続で日本全土に影響を及ぼした1本目の台風21号です。そうは言っても、ルートは逸れたり、スピードが思ったより遅くなるんでしょ的な超ポジティブマインドで日々天気予報をチェックしても、一向に良い情報が出てこないまま当日を迎えることになった。

 

- 2017.10.21 sat -

容赦なく降りしきる雨が、参加店舗のモチベーションにダメージを与え、また、集客にも大きな影響を与えていました。 

 f:id:win_river_stand:20171111175633j:plain

 

近隣の恐らく徒歩圏内の方が中心だとは思いますが、こんな最悪の状況ながらもお客様に来ていただいたことには最高級の感謝をしながら、でも、やはり予想していた売れ行きを確保できず、二日目の日曜に関しては、出店自体を取りやめる店舗もあるなか、暴風警報発令とともに、ピークを迎える直前の12:00で中止。1,350食分用意して、250食販売という結果となりました。その後、嵐のなか撤去作業に追われ、心身ともに疲れ果て、ライトニングファイヤーの挑戦は終わりました。

 

- 2017.10.23 mon -

翌日晩、慰労を兼ねて立ち寄ると「とりあえず食材が余りまくってる(つまり1,000食分以上)からイベント用メニューだったけど、明日から店頭で売り出すわー。Twitterでも、つぶやくから、よろしくねー。」と言う店主のその顔は、お客様にも隠しきれなほどの疲労感が漂っていたが、まさか翌日この疲労が更に拡大するとは誰も知る由もない。そして、この後、予定通り店主がこうつぶやいた。

 

- 2017.10.24 tue -

そして翌朝ライトニングファイヤーからLINEがあった。早くも反応があってバズってると。

f:id:win_river_stand:20171114130026p:plain

これまでも同様にイベントで残ってしまって的なツイートをした過去はあったが、リツイート数は多くはなかった。だが、今回の世間の反応は、これまでと明らかに違っていた。

 

結果的にリツイート数は50,000近くになり、約5,000,000人にリーチし、心温まるツイートに溢れ、この夜、小雨の降る中、これまで見たことがない人の列が、店頭に生まれていた。

f:id:win_river_stand:20171111161140j:plain

 

ラーメン横町開催の2日間が晴れていた場合、春日井まつり自体の来場者は240,000人ほどは見込め、そのなかでラーメン横町に立ち寄り、さらにライトニングファイヤーという名を目にする人の数は、多めにカウントしても2,000名前後であると思います。今回のイベントの出店の目的は、当日の売り上げではなく、認知拡大であったことを考えると、イベントで期待できたMAX効果の2,500倍のインパクトがあったんじゃないかと思います。そして、今回の残った食材は品質保持可能期間の数日前に全て売り切ることができました。ご来店ご協力いただいた皆様に感謝いたします。

f:id:win_river_stand:20171111175756j:plain

 

なぜ、こんなことが起きたのだろうか。

 

いきなりキレイごとを言いますが、それは人間の持つ優しさが生んだんだと感じています。あのツイートを見て、写真の面白さで興味が湧いて、それが確実にフックにはなっていると思いますが、それだけでこの結果が生まれるとは思えません。このリツイートしてくれた50,000人の多くの方が「なんかコイツかわいそうだから、リツイートをタップするぐらいしてやるか」っていう小さな小さな優しさのひとつひとつがウネリになった結果なんだと思います。

 

f:id:win_river_stand:20171015094747j:plain

これはinstagram上で10月9日に投稿したものです。まさかお客様に向けたこのコピーがブーメランとして戻ってくるとは思いませんでした。こんな話、よくあるっしょ、って思えるひとには何も響かないとは思いますが、ライトニングファイヤーの真横にいた人間としては、インターネットっていう体温の感じないものを通じて、人間の優しさを垣間見ることができたとてもドラマチックで感動的な出来事でした。

 

長文お読みいただき、ありがとうございました。

  

ライトニングファイヤー

tabelog.com

春日井市旭町1-45
TEL 0568-34-2600
営業時間:[月〜土]11:30〜14:00 18:00〜23:00
[日・祝]11:30〜14:00 18:00〜22:00
定休日:水曜

 

これは開催日前のツイート。末尾に気になる一言。

このストーリーは、自作自演だったのかもしれない。

大前研一さんに学ぶ『武器としての経済学』

自分のような低学歴だと大前研一さんという存在を知るまでに時間を要す。昨年、楠本修二郎さんの本を読んだとき、大前さんの元で修行をしたという話があった。大前さんはマッキンゼー日本支社長まで登りつめた方で、元部下にはDeNAの南場さんがいる。僕らの世代では記憶が微妙だが、東京都知事選にも出馬経験があるようだが、なぜ大前さんではなく、青島幸男を都民は選んだのか不思議だ。

 

いま特に自分の弱点である経済学を学びたいというニーズがあり、今回はこちらの本を読んだ。

武器としての経済学

武器としての経済学

 

 

もはや、ケインズ的マクロ経済は終わった。

 

 

時代は変わったということを中心に、現在の経済のトレンドを3部構成で25ジャンルに分けて解説している。ヒト・モノ・カネが自由に国境を越え、世界を激変させている。アベノミクスは、100年も前のケインズの理論に基づいたもの。当時と環境は劇的に変わっており、日本は低欲望社会という今までに経験をしたことがない状況である。ケインズ的マクロ経済は終わった。

 
 
低欲望社会では、金利を下げてもニーズがない。現代人は、所有するというコストも煩わしい。戦後は貯蓄戦略を国家として進め、経済成長してきたが、貯めたお金でどのように人生を楽しむかは教わっていない。1990年は約1000兆円、現在は約1800兆円という国民の総預金額。人生とはそもそも何なのかという議論が必要で、マクロ経済政策ではなく、心理経済学こそがいま求められている成長戦略である。待機児童ゼロなど日本で数万人程度の問題を国の骨太方針に出すことはおかしい。必要なことではあるが、効果が出るのに20年待たなければならない政策だ。景気は、フィーリングやサイコロジーで決まる。
 
GDPの引き上げは生産能力を上げることだが、現実的には労働人口を増やすことになる。国民それぞれが自分ひとり当たりのGDPを意識することは良いことだが、生産年齢人口が減っていく中で、GDPを引き上げるという発想は誤り。GDPを上げたいのであれば、これまで頑なに拒否してきた移民受け入れについても、検討せざるを得ない。これは年金問題も関係してくる。現在の年金の仕組みは、現役世代が納入した年金を、年金受給者が受け取る賦課方式である。超高齢化の日本は、ピラミッド型から、肩車型に向かっている。抜本的な改革としては、アメリカのレーガン大統領による、年金受給開始年齢の引き上げと、確定拠出年金から401kに変更したものが挙げられる。恐らく日本は後者の変化は難しいため、受給年齢の引き上げのみという選択になると思われる。そう考えると、最近やたらと目につく「100年時代」というワードは、国主導によるキャンペーンかと思ったりしてしまう。
 
今後、政府が補助金を出すことで、企業は設備投資が進み、AIなどの進歩もあり効率化が進み、その結果、大量の労働者がはじき出される。ホワイトカラーの定型業務型は不要になる。ビジネスパーソンそれぞれが自分の一人当たりGDPを意識するのは大切で、自分にどれほど価値があるのかの問いは、常に持ち続けなければならない。クリエイティブな労働者になり、個人の付加価値、つまり稼ぐ力を伸ばすことで、働く権利が得られる。
 
現代社会は、3年で環境が激変する。これまで正しいと思っていたことだけに固執すると時代に取り残されてしまう。常にトレンドをウォッチし、ナレッジを蓄積していくことが必要。クラウドコンピューティングクラウドソーシング、クラウドファンディングによってヒト・モノ・カネが3つのクラウドで代替できるようになった。そして、今はサービスを創出するには、新たに創造することよりも、空いてるものを提供して活用するアイドルエコノミーがメインストリームになってきている。こういった流れを感じれる体作りを続け、常識に縛られることなく、常に複眼的思考でいることの大切さを子どもたちは伝えていきたい。

『隷属なき道』でAIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働について学ぶ

 ベーシックインカムについては、今回の衆院選のなかでも希望の党マニフェストとして掲げていたこともあり、世間的には徐々に理解をされてきた気配もあるが、まだまだ何のことなのか理解していない人のほうが圧倒的に多いとは思う。小池擁護派の落合陽一さんも、この件については、時期尚早であると言い切っていた。小池代表本人もそう感じている気もするが、今回の衆院選というよりも、先に政策として、とりあえず言っておくことの先行者有利のようなことを描いているのだろうか。実際、BIの必要性は、いろいろな人が必要性を説いている。なかでも、デジタル系の人種からは、それを強く感じる。

 

今回は、ピケティにつぐ欧州の新しい知性と言われる、若干29歳のオランダ人経済学者であるルトガー・ブレグマン氏のこちらの書籍を読んだ。

 

隷属なき道 AIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働

隷属なき道 AIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働

 

 

きっかけは藤野貴教さんだ。何度も見直しているこちらの動画内で本書を読んでいるような話があったため、今後の社会を生き抜くヒントがあるのではという興味で手に取った。

globis.jp

 

自分自身、社会を良くするためにベーシックインカムを理解しようというマインドではなく、あくまで藤野貴教さんが言われるこれからの時代の幸せな働き方は何かということを学び、少しでも自分の子たちにそれを伝えれればというマインドで読み進めた。

 

個人的には、ベーシックインカムは、現在のAIやロボティクスの急速な発展があって、最近出てきた話とばかり思っていたが、実際には数十年も前から議論され、テスト的に実施してきた国があるなど、経済学者のなかでは言わば定説のような扱いであったことを知った。

 

貧困が生む問題のひとつとして、学力の低下がある。これは非常に大きな問題で、貧困によってIQが13ポイント下がり、それがその後の生活レベルに影響を与え、格差に繋がってしまう。それを解消するためにもベーシックインカムが必要だという。お金を与えることで同時に怠惰も与えることになるのかもしれないという懸念は、実証実験で、心配する必要などなく、むしろ働く意思が向上するという結果が出ている。

 

だが、ほとんどの人、特にここ日本において、貧困という問題はなかなか自分事としてとらえるのは難しい。実際には、細かな問題は抱えながらも、不自由を感じることは少なく、現代社会の技術の発達でますます便利になっていく。そうなると、ただひとつ足りないのは、朝ベッドから起き出す理由というレベルにまでなる。

 

これまで私たちは、本来いらないものを広告で買わせられてきた。経済成長することが私たちとって幸せなことだと洗脳され続け、GDPの成長率という軸を持って、国民の成長であるというイメージを与え続けてきた。経済成長が暮らし向きを良くすることはほとんどない。そもそも、GDPは現在のようなマズローで言う承認欲求というレベルより大きく下に位置する、生きるために必要なことを欲する生理的欲求が中心であった時代である1930年に生まれた指標である。今とは価値基準が異なる時代に生まれた指標に踊らされてはいけない。
 
最近の日本は働き方改革という言葉が広く浸透しており、多くの人たちがその影響を受けている。現段階においては、働き方改革ということよりも、休み方改革というレベルと感じるが、やはりこれにも大きな意味がある。労働時間が減れば、生きる術を向上させる余地が生まれ、あらゆる精神文化を楽しむ機会や、道徳及び社会を進歩させる機会が増える。かつて、ニクソンベーシックインカムや週四日労働など提言していた。これからは、人口2%で社会に必要なすべてを生み出せるようになり、働くことはじきにエリートの特権となる。すると、退屈が蔓延し、人間は機械の世話をする種族となる。これまで、余暇は楽園と同義と見られてきたが、労働の終わりが迫っている将来、最も厄介な問題になる可能性がある。
 
労働時間の短縮で、生産効率は上がるというのが実証実験で明らかにされてきている。ケインズは2030年には労働時間は週15時間となり、最大の課題は増えすぎた余暇だと予想していた。現代社会は、くだらない仕事が増えた。管理職もそのひとつであり、管理職が多い国ほど、生産性と革新性が低い。実際に多くの人が、自分の仕事は意味も必要もないと感じている。富を創造する仕事ではなく、富を移動する仕事に投資が進んだ。
 
ロボティクスの進化で残された道は、構造的失業と不平等の拡大である。ロボットという言葉は、骨折って働くというチェコ語が起源。構造的失業ということをネガティブに考える前に、生きていくためには働かなければならないというドグマを捨てることも、これからの社会を生きるために必要なことになる。働くという言葉の概念を変える。働くはつらいこと。働くは苦しいこと。好きなことでお金はもらえない。そんなことはない。難しいのは、新しい考えに馴染むことではなく、古い考えから抜け出すこと。アイデアの他に世界を支配するものはほとんどない 。
 
儲けは多いがくだらない仕事のおかげで、儲けは少ないが価値のある仕事をすることができる。お金で幸せの深度を測る時代は終わった。お金がなければ、やれないことも事実としてあるが、そのことの多くが知らなければ必要ないものがほとんだ。知ることで目標ができるし、成長できることも多くある。そのバランスや、本質的なものを見抜く力が必要だ。労働時間を減らして、長く退屈な週末を過ごせと言っているのではなくて、自分にとって本当に重要なことにもっと多くの時間を費やそう。
 
人は死ぬとき、何を思うのか。『死ぬ瞬間の五つの後悔』にこう書いてあるそうだ。
 
他人が私に期待する人生ではなく、自分のための人生を生きれば良かった。
あんなに働かなければよかった。

 

後者に関しては、BIによって、この先解消されると思う。前者は、社会保障で変えられることではない。こういうことを子どもたちには伝えていきたい。

 
 

 

2017春日井まつりラーメン横町(ラーメン横丁)パーフェクトガイド

※本ページ記載の情報は以下のinstagramイベント公式アカウントより引用しております。なおweb上では「ラーメン横町」「ラーメン横丁」の双方が存在しますが、本ページでは「ラーメン横町」で記載しております。※

www.instagram.com

 

第17回を迎える人気ラーメン店7店が集うラーメン横町が今年も開催!

この日のために生み出された貴方のハートをキュン💘キュンさせる新作ラーメンを参加各店が発表!食材コストを完全に無視した全店1杯600円という価格で楽しめる2日間限定のラーメンフェス。

 

春日井まつりラーメン横町2017
10月21日(土)・22日(日)10:00〜16:00
【宵祭り】10月21日(土) 18:00〜20:00

f:id:win_river_stand:20171015093351j:plain

 

 らぅめん考房 ありがた屋

🌜宵まつり参加店🌛

f:id:win_river_stand:20171015093457j:plain

🍥和風とんこつ肉三昧🍥

魚ダシの効いたとんこつスープにローストポーク、豚バラチャーシュー、合鴨肉団子をトッピング。極上スープに、三種の肉を楽しめる贅沢な一杯になってます。ありがた屋としてはラーメン横町で初の白湯スープで勝負です!

 f:id:win_river_stand:20171015093546p:plain

tabelog.com

春日井市小野町4-123
TEL 0568-84-5321
営業時間:11:30〜14:00 18:00〜21:00(平日は22:00まで営業)
[​月​曜​日​]​1​1​::3​0​〜​1​4​:​0​0
定休日:月曜日夜、火曜日

 

 

中華そば はる樹

f:id:win_river_stand:20171015093619j:plain

🍥愛媛産 真鯛塩そば🍥
春日井唯一、高山中華そば専門店による鯛煮干しと厚岸産昆布の和風仕立て鯛だし塩スープ。贅沢にも愛媛県宇和島産真鯛切り身がのってますよ!

 f:id:win_river_stand:20171015093653p:plain

tabelog.com

春日井市柏原町5-312
TEL 0568-56-8301
営業時間:11:30~14:30 17:30~21:00
定休日:木曜

 

 

麺者 すぐれ

🌜宵まつり参加店🌛

f:id:win_river_stand:20171015093720j:plain

🍥芳醇 伊勢海老らーめん🍥
伊勢海老を贅沢にもスープにした濃厚スープに小麦香る自家製麺‼︎この伊勢海老ラーメンを食べられるのも今回で最後‼︎最終章…

 f:id:win_river_stand:20171015093740p:plain

tabelog.com

春日井市東野町2-1-24
TEL 0568-29-7998
営業時間:平日11:30~14:00(L.O)18:00~22:00(L.O)
土日祝日11:30~14:30(L.O)18:00~22:00(L.O)
定休日:無休

 

 

らぁ麺 飛鶏

f:id:win_river_stand:20171015093834j:plain

🍥イベリコ豚の濃厚中華そば🍥
スペインの超高級イベリコ豚を贅沢に使用したラーメンです。イベリコ豚チャーシューと濃厚豚スープにコシのある自家製全粒粉麺がよく絡みます!イベリコ豚の芳醇な甘味を是非ご賞味ください。

 f:id:win_river_stand:20171015093852p:plain

tabelog.com

春日井市御幸町3-4-6
営業時間:11:30〜14:00 18:00〜20:30
定休日:月曜日の夜・火曜日(月曜の昼は営業)

 

 

春日井ラーメン 楽喜

f:id:win_river_stand:20171015093923j:plain

🍥野菜たっぷり‼︎豚しゃぶまぜそば🍥
ラーメン横町にまぜそばが登場‼︎豚しゃぶと、キャベツ、にんじん、もやしがどっさり‼︎ブラックペッパーが味を引きしめます。

 f:id:win_river_stand:20171015093951p:plain

tabelog.com

春日井市高蔵寺町3-2-11
TEL 0568-52-7677
営業時間:[水〜月]11:30~14:00,18:00~23:00
定休日:火曜

 

 

龍龍

🌜宵まつり参加店🌛

f:id:win_river_stand:20171015094025j:plain

🍥特製チャーシューめん(TBV)🍥
春日井まつり限定で仕込んだ特製チャーシューをどーんと乗せました。1日18時間以上煮込み、丁寧に下ごしらえをした龍龍自慢のスープ、麺職人が打つコシのある自家製細麺を是非ご賞味ください。

 f:id:win_river_stand:20171015094043p:plain

tabelog.com

春日井市森山田町43-1
TEL 090-7030-1010
営業時間:11:00〜14:00 18:00〜23:30
定休日:水曜

 

 

ライトニングファイヤー

f:id:win_river_stand:20171015094118j:plain

🍥トマトと角切りベーコンの太陽のまぜそば🍥
角切りベーコンと豚ミンチをトマトで煮込んだ特製ミンチを極太麺にのせ、仕上げに細かく砕いたチーズをふりかけました。秘伝のまぜそばのタレと絡めてお召し上がりください。

 f:id:win_river_stand:20171015094140p:plain

tabelog.com

春日井市旭町1-45
TEL 0568-34-2600
営業時間:[月〜土]11:30〜14:00 18:00〜23:00
[日・祝]11:30〜14:00 18:00〜22:00
定休日:水曜

 

 

サイドストリート・ヨコマチ氏から、ラーメン横町をもっと楽しむためのアドバイス

f:id:win_river_stand:20171015094631j:plain

 

f:id:win_river_stand:20171015094722j:plain

 

f:id:win_river_stand:20171015094700j:plain

 

 

さあ、10月21日(土)・22日は春日井市役所に、この秋を彩る7種のスペシャルティ・ラーメンに会いに行こう! 

f:id:win_river_stand:20171015094747j:plain 

 

※本ページ記載の情報はinstagramイベント公式アカウントより引用しております。なおweb上では「ラーメン横町」「ラーメン横丁」の双方が存在しますが、本ページでは「ラーメン横町」で記載しております。※