子育て世代の秘密基地「勝川STAND」

未来はこども達のためにある。であるならば、僕たち子育て世代がポジティブに生きる必要がある。

「革命のファンファーレ」西野亮廣さんが春日井に来るという奇跡

西野亮廣さんが、春日井でトークライブをやられるそうです。こんな奇跡、最初で最後と思います。

 

どのような経緯があって開催に至ったのか気になるところがありますが、主催者である春日井青年会議所の方々に感謝です。

http://2017.kasugai-jc.com/data/2017_poupelle_ura.pdf

 

本当に日々感じるのは、僕たちの親の世代を含め、いろんなロールモデルは無くなっていっているということ。

 

僕は、普通に高校に行って、とりあえず大学行っとけばいいっしょ、みたいな流れで生きてきた。大学に入っても、ろく勉強せず、そこで学べたはずの経営学財務会計マーケティング、経済学、法務、ITなど、37歳の今になって初めて勉強をしだした。

 

 

僕の気になるひとのほとんどは、これからは遊びが仕事になると口を揃えて言っている。

 

これまで人の汗で支えられてきた仕事の多くが、AIやロボティクスによって代替されるから、人間は本質的なことを求めて、それを仕事にしていけばいい。というか、それを仕事にできるように徹底的に掘り下げていけと。

 

ここで注意しなければと思うのは、そのようなことを言う方々のほとんどがベースがあるということ。僕の気になる方々は著名なビジネスパーソンが中心だけど、みなさん有名大学を出ていたり、世界的なコンサルティングファーム出身であったり、書いても意味のないような経歴のひとはいない。

 

僕自身はこう理解している。やはり、ベースとなる教養があって、そこで初めてスタートラインに立てるんだと。僕の売り物は、マーケティングを軸としての広告デザインのディレクション。それは、誰よりも自信があるということではなく、僕のなかではこれがストロングポイントだという意味。だから、僕はこれを研ぎ澄ませていくことで、生き抜くことができるんじゃないかと思っている。勘違いであったとしても、いまはそれを信じて知見を広めるようにしている。

 

そうしていると、端から見るとそれが努力と見えることもある。でも本人は努力とは思っていない。辛いとも思っていない。日々自分が少しでも成長していることを感じ、むしろ幸せだ。

 

 

今回の西野さんのトークライブのタイトルは『道なき道の歩き方』。

 

キングコングの西野が来るというマインドで見にいくのは、もったいない。まさにタイトル通りの世の中。今までこれがロールモデルだよ、と教育されてきたことが、実は現代社会においては、なんの意味もなくて、それでは生き抜くことはできないことあったということを感じるようになってきた。道なんかない。でも、ひと昔前はあったんだと思う。

 

僕は2人の子どもを育てていて、小学2年生の女の子と一緒に参加する予定でいます。

 

恐らく、このイベント以降、西野亮廣さんが春日井に来ることはないと思う。売り方を追求されている方なので、今後出版されるイベントが近くの自治体で開催されることがあっても、春日井には来ないと思う。

 

西野亮廣さんは、テレビでしか生きていけない体質を変えようと思って、いろんなチャレンジをしている。

 

僕たち子育て世代も、いま属している会社でしか生きていけない体質を変えるべきだと思う。僕たちのレベルで言えば、それは体質ではなく、マインドセットかもしれない。

 

働くことは苦しいことなんだ、働くことは楽しさを追求するものじゃない、お金を稼がなければならないと自分のなかで思い込ませ、脳を麻痺させている。それを世の中のせいだとか、家族を養うためだとか、自分以外のせいにして、思考停止しているだけだ。

 

でも、どんな職種であれ、それを選んだのは他でもない自分だ。会社員であろうが、個人事業主であろうが、世襲であろうが、なんだろうが、きっかけは外部かもしれないが、決めたのは自分だ。そこを忘れてはいけない。いつでも抜け出せる。

 

9月22日のトークライブが楽しみでしかたない。

 

西野さんの本や記事など読み漁っているので、初めて聞ける話をすごく少ないと思うけど、リアルな空間を通して感じれることはめちゃめちゃあると思う。子どもにとっても、これがターニングポイントのひとつになると僕も嬉しい。

 

これも発売が超楽しみ。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 

 

”現代の魔法使い”落合陽一さんに学ぶ「超AI時代の生存戦略」

最近は、本を読む以外にも、動画を使って知見を広めるようにしています。仕事柄、営業車での移動時間も長い。通販枠だらけのくだらないラジオを聞いているよりは、音声だけでも動画を流していたほうが、自分の未来を作るためには非常に有効だと思うので、最近は、「グロービス知見録」と、「高城未来ラジオ」と、こちらをよくチェックしてます。

 

jstweb.houdoukyoku.jp

 

運営はNewsPicsです。

newspicks.com

 

NewsPicksユーザーなら、ご存知だとは思いますが、平日月曜〜木曜(祝日除く)の22:00からリアルタイム動画配信されているLivePicsには、先ほどののURLにアーカイブがあるので、そこでいつでもどこでも視聴することができる。

 

その中で、木曜レギュラーとなっている落合陽一さんは、特に異彩を放っており、人間的にどんどん興味が湧いていきました。細かな経歴などは、適当に検索していただければと思います。

 

そこで今回はこちらを読みました。

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

 

 

本書は副題にある通り、2040年代に迎えることになると言われているシンギュラリティに備えるための方法が説いてある。

 

今の時点でシンギュラリティという言葉を知らないのは、これからの時代を生き抜くうえでは、すでに周回遅れになっている可能性があると思う。そんなこと知ってても、知らなくても、知っているうえで何も動かないのであれば、両者とも違いはそんなにないと思うが、子育てをする今、まずは知ることが必要だと思っている。

 

今、AIに関しての情報は、その関連記事を見ない日はないんじゃないと思うほど溢れている。その情報の多くは、今ある職種のほとんどがAIに奪われるということを中心に、不安を煽るようなものがほとんど。そこでよく言われる結論は、人は人間にしかできないクリエイティブなことをしていけばいい、ということ。落合さんは、これは単なる思考停止なだけで、妄想であると言う。そもそも、その風潮は、クリエティブという曖昧なワードで誤魔化し、結局、何をしたら良いのか分からないということと同義だ。

 

AIには問題解決能力はあっても、問題を見つけることはできないとも言われたりするが、それもディープラーニングが進化すれば、対応できるんだろう。本当かどうかは微妙な気もするが、Facebookが開発したAIが、人間の知らない言語で、AI同士が会話を始めたため、緊急停止をしたなんてニュースがあった。恐らく、僕らの想像の域は確実に飛び越えてくるんだろう。

 

確かに、職を奪われ、職を失うひともいる。それは自分も含めて。ただ、この現象はAIが出てきて初めて起こることではなく、これまでも起きてきたことであって、テクノロジーの変化のなかでは、これまでも見てきた光景だ。個別産業で起こる技術革新を僕たちは歓迎し、受け入れて、変化してきた。いつまでも続く産業なんて、ほとんど無い。時代のニーズや、トレンドによって、求めれられるものや、人にお金を払ってでもやって欲しいことは変わって当然。キッザニアで、働くことでその対価をもらうという仕組みは学べると思うが、そもそも、子どもたちが大人になった時に、その職業がどれほど残っているのか分からない。

 

著名なビジネスパーソンを生み出すスタンフォード大学でも、最先端のビジネスを世界のどこよりも早く教えているのではなく、人間力を鍛えるための授業が中心と言われている。本書には、その他気になる勉強になるワードが数多くあった。ただ、言っていることのベースは、全く聞いたことの無い考え方というわけではなくて、非常に普遍的なことであり、哲学的であった。そこには、自分の信念というのが強くあって、それに向かって突き進んでいる前掛かり過剰な部分は感じた。

 

これだけ未来が見えている落合さんだから「10年後を見据えて、何をやるのが一番いいですか?」と聞かれることが多いようだが、これだけ未来が見えている落合さんをもってしても、なのか、それゆえなのか、このように答えるそうです。

 

「未来はどうなるか分からない。いまできることを精一杯やること。」

 

 

得体の知れないAIに不安を募らせ、未来を憂い、思考停止するのはやめよう。

 

自分の道を信じ、それによって何が残るのかを意識する。他人はどうだっていい。自分の決めた道で、自分の決めたコミュニティのなかでのブルーオーシャンを見つけたい。 

 

 

 

 

「ROEって何?」とは思わなかったけど、経営指標の教科書でお勉強

頭の中で、引っかかっているものが変わると、目に映るものの中で、光ってくるポイントが全然変わります。これは1ヶ月前ほどに出会った本。

 

図解 「ROEって何?」という人のための経営指標の教科書

図解 「ROEって何?」という人のための経営指標の教科書

 

 

今年の初めから中小企業診断士資格取得に向けて、勉強を始めている自分は、ある程度教科を絞っており、そのなかに財務会計というものがあり、教材を通じて勉強をしていると、時々、退屈さを感じることがあった。ある程度の理解を得たところで、更に知識を進化させるために、違う側面から、スムーズに理解をしたいと思っていたタイミングであったため、この本の言っていることの半分ぐらいは頭に入っていった。

 

ただ、本書は恐らく、何も知識がない人向けだと思うが、そのような人は苦労するんじゃないかと思う。知識深度が深くなく、ある程度のリテラシーがあったほうが適当な本だと感じた。

 

帯にあるように「課長になったら知らないとヤバい」というコピーは、実感するところでもある。課長と言っても、いろんな業態や課もあるわけで、必ずしも知らないといけないわけではないが、自分の会社においては、ROEという言葉が何?という前に、ROEのことは知らないけど、それを知らないとヤバイかも?と感じる管理職は非常に少ないと思う。恐らく、課長レベルではなく、部長や、それ以上の役職者もそうなんじゃないかと感じることがある。実際はどうかは分からないが、言動からはそう感じざるを得ない。

 

とにかく、自分としては、そのような低次元の役職上級者がいることがモチベーションを上げている。

 

 

自分はこれまで営業職として、センスだけでここまで来たと思っている。でも、圧倒的なカリスマ性があったわけではない。自分の業態での営業職は、その数字がどれほど個人の影響があっての数字なのかを計るのが非常に難しい。個人的には、その数字は自分でなければキープすることはできないと自負しているが、会社にはそれをあまり感じてもらえていないし、いくら数字が見えても、伝えようとしても、それを立証することができない。つまり、感覚でしかない。だから勝てない。そんな背景もあって、資格取得ということをひとつの手段として、自分のプレゼンス向上戦略として取り入れている。

 

旧態依然とした年功序列型の組織のなかでは、歳を取っていないと昇進できないし、逆に歳を取っているだけで昇進していくことができる。でも、この体質を続ければ、今はいくらROEROAが高かったとしても、弱体化するのは目に見えているし、将来性はない。

 

自分たちのような子育て世代は、いま会社の経営や管理職となっている側の人たちと同じプロセスを踏んだとしても、同じ結果は得られない。

 

人間は、自分が認めていない人間が評価されているのを見るとモチベーションが下がるのが通常だ。でも、それは先程言ったように、結果的には、外から見れば、その人間よりも自分が下であるということ。それを、そんなことはない、と口で言っているだけでは何も変わらない。それを受け入れ、どうしたら差別化できるのかを考えて行動しなければならない。そして、組織のなかで唯一無二の存在となって、希少性を出していけば、必ずポジティブな方向へ行くはず。

 

そうならなければ、その時に今の会社を卒業しよう。

 

竹中平蔵さんに学ぶ、日本経済を変える「第4次産業革命」

藤原和博さんの動画を検索していたときに、GLOBIS知見録の存在を知りました。

 

globis.jp

 

このサイト内には、ベンチャー企業の社長から、マーケター、政治家、アスリート、アーティスト、研究者、学者など、数多くの枠に捉われない職種の著名人によるセッションがアップされており、現代社会における課題やトレンドなどを学べる非常に内容の濃いものとなっています。関東圏では機会があるかもしれませんが、名古屋など地方ではなかなかお目にかかれない方々の貴重なお話を無料で聴くことができます。カテゴリーも多様性があり、自分の知見を広げるには非常に有効なツールです。

 

その数あるセッションのなかで、たびたび竹中平蔵さんが登場されてました。当たり前と言えばそうなのですが、私のような認知力の低い人間にでも、分かりやすいロジカルなプレゼンテーションで、非常に高いインテリジェンスを感じることが多かったため、今回はこちらの本を読んだ。 

 

現代社会、あるいは、この先の社会がどうなっていくのか、第4次産業革命によって何が起きるのかを説いています。話題としては、AI、ロボット、IoT、ビッグデータシェリングエコノミーなどが中心で、最近のトレンドに関する情報が網羅されており、日頃このようなことに興味を持っていないひとの入門書的な位置づけに感じました。このような本は、我々子育て世代が特に読むべきであり、知識として頭にインプットして、子どもたちと接する必要があると個人的には感じる。

 

新しいテクノロジーによって、今までになかった新しいチャンスが生まれている。革命的な時代がやってきたという時代認識をもち、幅広く議論し、大胆に行動することが必要。超スマート社会の実現に向け、ソサイエティ5.0が強力に推進されいるが、ライドシェアについては、中国にさえ遅れを取っている。日本ではタクシー業界をはじめとして、ライドシェアに対しての抵抗勢力が強く、経済特区である福岡市でのみテスト運用されているという状況。
 
モノがインターネットにつながるIoT。そして、そのデジタルなネットワークで得られるビッグデータによって可能になったシェアリングエコノミーは、これからの私たちの社会生活を大きく変えるし、職業のあり方も決定的に変えて行く。これ以上、周回遅れになってしまってはいけない。
 
 
産業の生まれ変わりは、社会インフラの入れ替えとも言える。ウーバーもAirbnbソーシャルネットワーキング業であって、主役は製造業などこれまであったような業態ではなく、日本の第4次産業革命の新しい動きを既存の業に当てはめることはできない。
 
トヨタのライバルはグーグル、パナソニックのライバルもグーグル、どの企業にとってもライバルはグーグル。様々な職業は必要なくなっていき、失業率が大幅に高くなるという影も潜んでいる可能性は否めない。新たな技術によって仕事がなくなり、さらには海外労働者の流入などのグローバリゼーションの進展によって、絶望感を抱くひとたちが生まれる。すると、このような人たちを守ろうというスタンスを見せる政治家が現れる。これがポピュリズムであり、トランプ政権の誕生や、イギリスのEU離脱などが主な例と言える。
 
 
そろそろ日本人は、高度成長期での成功体験から逃れるタイミングであり、それができなければ世界で取り残される存在となってしまう。第4次産業革命は社会の根本を変える。日本企業は、何でも言うことを聞く偏差値が高い人を雇い、社長の周りは子分ばかりで、そうした人たちが取締役として取締役会を構成し、社長にとって居心地のいい組織になっていることが多い。成長戦略にはコーポレートガバナンスが必要不可欠であるが、それが保たれていない企業が多くみられる。日本の生産性の低さは、規制で守られているケースが多く、また、不動産がノーリスクハイリターンであったことから、日本で投資が根付かず、それが成長を妨げる要因の一つとなっている。
 
これからはゴーイングコンサーンよりもプロジェクトベースで人材確保がなされる。日本型雇用慣行、つまり、年功序列や終身雇用は終焉を迎える。第4次産業革命で、人材のシェアリングが当たり前になる。終身雇用で、同じ会社で長く働けるから安定しているということは、ダメな会社にしかいられないということだ。インダストリー4.0を掲げるドイツは国内の構造改革を行った。日本の成長戦略は、体質改善までに何年もかかる。
 
第4次産業革命以降のこれからの時代を生き抜くために必要なマインドセットが3つ挙げられていた。これはマサチューセッツ工科大学のメディアラボで掲げられている9つ標語のなかの特に参考になるもので、子どもと接するときにも、意識しておきたいマインドセットだ。
 
Compasses over maps
もう、古い人生の地図は使えなくなる。これからは、コンパスを持っているか、あるいは、自分は何がやりたいか希望や意思があることが重要。
 
Resilience over strength
強さよりも復元力。どんなに強いものでもの崩れていく。その時に、どのように復元していくことができるか。
 
Learning over education
知識を詰め込むお勉強ではなく、自分で考えて学ぶこと。知識はインターネットでいくらでも手に入れることができる。大切なのは実際に経験しながら学ぶこと。
 
 
世界でもっとも守られているのは日本の正社員。雇用の安定と引き換えに、不満な仕事を続けている人が大勢いる。ライフスタイルやライフステージによって働き方は変わるはずなのに、正社員として働くことだけが正しいという暗黙のルールが生きており、それが国際社会においては歪な存在となっていることに気づく必要がある。
 
チャンスで満ち溢れているはずなのに、みんなと同じでなければならない、枠をはみ出してはならないという、義務教育のなかでインストールされたこの画一的な意識を変えなければ、AIに取って変わられる人材になってしまうという子育て世代にとっては非常に意味のある、重要なメッセージを強く感じた。

 

 

 

 

ストレスを感じながらも、また、前へ進もうというマインドセットに導いてくれるリーダーに感謝

本日も会議でストレスに感じることがあり、自分がその立場になった時に、部下に同じような思いをさせたくないので、今日の気持ちをここに書き留める。

 

 

こういうリーダーが嫌いだ。

 

 

戦術を提示しないリーダー。

 

 

あるリーダーは、こう言う。

 

「これからは、紙のプロモーションメディアが減るから、AIとかロボティクスなどのデジタル技術の力を借りて、10年先を見据えて営業していかなければならない。」

 

これ自体については、どこも否定する点はない。紛れもない事実だ。紙は減っているし、デジタルは想像を超えるスピードで進化している。

 

では、その言っていることに対する戦術は?

 

それが一向に出てこない。

 

で、実際にどれほど紙のプロモーションメディアが減っているのか知っているのか?

 

あの回答は、恐らく知らなかったんだろう。

 

時代の先を行く人ほど、10年も先は見えないと言うなか、一般的な教養もない、業界誌さえも、自己啓発本も読まない人が言えることではない。

 

 

違うあるリーダーは、こう言う。

 

「営業なんだから、数字達成して、当たり前でしょ」

 

これは100%とは言わないが、ごく普通のことを言っている。

 

ただ、それの一点張りというのは組織の長としては、非常に問題がある。

 

マインド的な問題提起でしかなく、なんの解決にもなってない。

 

そもそも数字を達成していないということは、有能な人間ではない可能性が高い。その人間に対して、がんばれと言っているだけで、どんな効果があるんだろう。本質的な問題と向き合っていない。

 

 

 

リーダーは、自らが模範となり、進むべき道を部下たちに見せる必要がある。

 

管理職という言葉に逃げている。もしかしたら、数字を管理することだけが、与えられたポストの責任だと思っているのかもしれない。

 

数字を管理するだけの仕事が、なぜ、現場で頭を使って動く人間たちの倍以上のインセンティブを手にすることができるのか。

 

有能な人間と無能な人間を束ね、その力を最大限に発揮し、目的達成に導くのが、リーダーであるはず。

 

 

そんな会社があるのかと思われるかもしれないが、自分が所属する組織は、旧態然とした、高度成長期のスタンダードである年功序列が色濃く残る伝統のある会社だ。

 

業界自体の景気が下落しているなか、このような人種で構成されている組織では、今後、持続可能な企業体であるとは、到底思えない。

 

 

このような心理状況は今に始まったことではない。

 

以前はこのようなことが起きると、ただただ、文句だけを言っていた。

 

だったら、辞めればいい。文句を言うだけのなら、さっさと辞めればいいだけ。

 

遅いタイミングではあったが、自分のなかでも対案を持つべきだというマインドセットになり、今は、文句は言いながらも、辞めるということへの対案を持てるように準備をしている。

 

今日も、 ストレスを感じながらも、また、前へ進もうというマインドセットに導いてくれた無能なリーダーに感謝したい。

 

 f:id:win_river_stand:20170608224334j:plain

戦略も、戦術もないリーダーは、1周回って、好きだ。

 

戦略だけを言って偉そうにするなら、いっそのこと、戦略もないほうが、いいリーダーだ。

 

なぜなら、有能な人間にとって、ストロングポイントを伸ばす環境が整うからだ。

パレットを使った西海岸的なサーファーズテーブルをDIY

パレットを手に入れたので、こんなテーブルを作ってみました。実際、作ったというレベルでもないんですが。

 

f:id:win_river_stand:20170603144724j:plain

 

【1】パレットを手に入れる

f:id:win_river_stand:20170603144758j:plain

 

【2】汚れを取ったり、平滑にするために、サンダーで削る(任意)f:id:win_river_stand:20170603144823j:plain

 

【3】洗剤でさらに汚れを落として、天日干し

f:id:win_river_stand:20170603144851j:plain

 

【4】ステンシルでオリジナリティを出す(任意)f:id:win_river_stand:20170603144925j:plain

 

【5】足を付けるf:id:win_river_stand:20170603144946j:plain

これはホームセンターでひとつ250円ぐらいで売ってます。

 

パレットを使った西海岸的なサーファーズテーブル、完成!

 

このリアルエイジング感が、最高にかっこいいです。

f:id:win_river_stand:20170603145042j:plain

f:id:win_river_stand:20170603144724j:plain

 

使い古したパレットで衛生的に問題ありなので、基本的には外でわいわいやる時に作りました。ご参考になれば幸いです。

池田純さんに学ぶ『空気のつくり方』

野球ファンのみならず、横浜ベイスターズの試合の観客動員数が劇的に増加したり、球団が慢性的な赤字経営から黒字経営へ転換したなどのニュースは多くのひとたちが聞いたことがあるかもしれない。このストーリーの主役は住友商事博報堂を経て、DeNAに転身し、2011年に横浜DeNAベイスターズ初代社長に就任された池田純さん。

 

今回は池田式マーケティング理論を学ぶためにこちらの本を読みました。

空気のつくり方

空気のつくり方

 

 

万年最下位争いのチームが、なぜ人気球団になりえたのか、なぜ年間30億円もの赤字を生み出す球団経営が劇的に変化を遂げたのか、そのベースになった理論について詳細が語られておりました。

 

マーケターはデータに執着してしまいがちだが、データはあくまで確認作業であり、そこから何も生まれてはこないし、人間が数字に操られたらいけない。マーケティングにはセンスが必要だけれども、センスは後天的に手に入れることもあるから、学びを止めるという選択肢はない。
 
顧客のハートを魅了する情緒的な何かを創造して、興奮し、驚愕し、感動するエンターテイメントやストーリーを提供するのが、究極のマーケティングである。それを実現するには、コミュニケーション、経営の革新性・透明性、ブランディングの3つをうまく機能させる必要がある。また、特に新規ビジネスは、腰を据えたロードマップと目標を事前に決めておくことが重要である。マーケティングは絶えず進化を繰り返すことが大事で、そして、何よりも、自分にしかできないことに力を注ぐことを忘れてはならない。
 
来場の動機になるモノゴトや、コミュニケーションは何なのか、顧客の想像を膨らませることで、関与度を高める共感可能なものを考える。それが多ければ多いほど、顧客との距離感が縮まり、結果として、それがストーリーとなる。マーケティングを駆使しても、ブランドをつくることはできないが、変えるべきものと、変えていけないものをしっかりと整理すれば、ストーリーをつくることはできる。モノゴトは戦略的に進めるべきで、戦略的に、取り組むべきターゲットを絞り込む。
 
自分の領域の外にあるもの、楽しいものや美しいものやカッコいいものに触れる努力をし続けてこそ、新しい何かを創造できるようになっていくもの。自分が人のためにできること、与えることができるものは何かを考え、誠意ある態度で接し、世の中のコンテクスト、つまり、文脈を読む。空気は、ただそこにあるものではない。必ず何か意味がある。
 
人は仕事や既得権益を抱え込もうとする生き物で、好かれるマネジメントは組織の力を削ぎ落とす。人間というのは基本的には怠ける生き物であることを認識する。三年は何をやっても批判の声は聞こえるもの。でも、結果を出し続ければ、その声はマイノリティになる。人間はネガティヴな意見に敏感に反応するが、その意見に惑わされることなくブレないハートを持つことが必要。ブレは信用を失わせることになるから。
 
好かれるマネジメントは組織をダメにする。誰の目にも明らかな結果を出した人材を評価し、それを象徴的な先例として、意図的に組織全体の空気をつくっていくのが、トップの重要な仕事。
 
 
言葉にはニュアンスが付いてまわる。戦略ターゲットをキャッチーかつ明確に策定することで、マーケティングの対象と広告・コミュニケーションの対象が明確になり、一貫性が生まれる。広告だけでメッセージが伝わり切らないし、広告は消費者から見れば、ただ勝手に言っているだけの存在であることを認識する。広告はアートではなく、コミュニケーションのひとつでしかないが、伝えたいことを伝えるだけでは、それはただの自己満足でしかなく、世の中から見た大義がなく、個人的な言葉には誰も見向きもしない。訴求すべき本質的なポイントを自覚してコミュニケートする。その時、商品とコミュニケーションの乖離が生まれるような、嘘のコミュニケーションをしてはいけない。
 
 
広告の大原則は、どこに、どんなメッセージを投下するか。広告は人を楽しませるものでなければならい。伝えたいことはいっぱいあるけど、削ぎ落としまくることが大切。広告は、自分たちでお金を出して場所を買い、自分たちでデザインし、メッセージをつくり、世の中にコミュニケートするもの。
 
 センスは後天的に身につけられることや、常にオリジナルは生み出せないに気づくことが必要で、まずは先人たちが育ててきた太い幹に寄り添うべき。大きな幹に寄り添いながら、これだと思ったときに枝分かれする。最初から枝分かれするのは、ただの勘違い。自分自身の能力を知り、自分の考えに凝り固まることなく、自分の領域の外側を見にいく努力する。そして、そこになりたい自分があるかどうか、それが何より重要なこと。自分たちがいる業界の外に目を向けることで新たな創造が生まれ、それが人を惹きつける要因となる。 
 
 

劇的な再生を成した企業で言えば、USJも思い当たるが、横浜ベイスターズに関しても、衝撃的な結果が生み出されている。この2社に共通するのは、スペシャルなマーケターがいたということ。USJであれば森岡毅さんであり、横浜ベイスターズであれば池田純さん。そして、お二人とも、自分の掲げた目標を達成すると、自分の役割は終えたとし、退任されて、違う道を進んでいる。

 

自分のなかの精神的なものによるバイアスかもしれないが、最近は、マーケターがマーケットを動かしていることを目の当たりにする機会が多くなった気がする。子どもたちにも、見えてるものの裏側で、誰が、どのように世の中を動かしているのか伝えていきたい。ほとんどの事が、偶然ではなく、誰かの思いがあって結果があるんだと。